初秋の夜、ガーゼケット使い

 
夜通しエアコンもサーキュレーターもいらなくなった初秋の夜、ガーゼケット一枚で寝ています。

四重ガーゼ(安眠ガーゼケット)だと、寝るときはちょうどよくても朝方冷えるので、
四重ガーゼ 重厚(安眠ガーゼケット 重厚)か、六重ガーゼ(恋するガーゼケット)で。

寝入りは出してた足先を朝方すっぽりと覆えば、
夜明け前の、いちばん気温が低い時間帯でも、
一枚で大丈夫です。

もう少し寒くなったら、
顔まわりのふんわり掛けガーゼの出番になります。

夏よりも、寒くなるこれからの季節こそ、ガーゼケット生活の醍醐味。あぁたのしみです。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. この夏も、ガーゼケットが大活躍でした

  2. 肌触りにうっとり、ぬくもりにほっこり~ガーゼケットを使い倒す

  3. 冬もガーゼケット使いで、最強の寒さ対策

  4. 朝晩冷える秋の、ガーゼケット使い。

  5. 秋真っ只中、10月半ばのガーゼケット使い

  6. 2020年もガーゼケットで良い眠り。

  7. 2019年の冬も。ガーゼケットは最高に暖かい!

  8. 昨夜のガーゼケット使い

  9. 【番外編】日記 2021.1.12

ガーゼケット工房 アリサラ舎



やわらかなものに ふれると
肌も気持ちも、やわらぐ。



アリサラ舎の思いを伝えるため、

布からオリジナルの
特別なガーゼでつくる、

唯一無二のやわらかガーゼケット。




「ガーゼケットは
1年中使える 寝具です」


1年365日、
心地いいガーゼ生活をお届けします。





作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。

最新情報はツイッターで更新中

わたしにとってのガーゼケット

PAGE TOP