初秋の夜、ガーゼケット使い

 
夜通しエアコンもサーキュレーターもいらなくなった初秋の夜、ガーゼケット一枚で寝ています。

四重ガーゼ(安眠ガーゼケット)だと、寝るときはちょうどよくても朝方冷えるので、
四重ガーゼ 重厚(安眠ガーゼケット 重厚)か、六重ガーゼ(恋するガーゼケット)で。

寝入りは出してた足先を朝方すっぽりと覆えば、
夜明け前の、いちばん気温が低い時間帯でも、
一枚で大丈夫です。

もう少し寒くなったら、
顔まわりのふんわり掛けガーゼの出番になります。

夏よりも、寒くなるこれからの季節こそ、ガーゼケット生活の醍醐味。あぁたのしみです。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 猛暑の夜、ガーゼケット使い

  2. 2021冬 ガーゼケットで最強あったか対策

  3. 愛でる、ガーゼケット

  4. エアコンの風に、ブランケット

  5. 京都の底冷えにも、ガーゼケット

  6. 昨夜のガーゼケット使い

  7. きょうの朝焼け・ガーゼケット

  8. 2019年の冬も。ガーゼケットは最高に暖かい!

  9. 【ガーゼケットのある暮らし】12月、真冬のガーゼケット使い

わたしにとってのガーゼケット

滋賀県 ふるさと納税で購入

PAGE TOP