初秋の夜、ガーゼケット使い

 
夜通しエアコンもサーキュレーターもいらなくなった初秋の夜、ガーゼケット一枚で寝ています。

四重ガーゼ(安眠ガーゼケット)だと、寝るときはちょうどよくても朝方冷えるので、
四重ガーゼ 重厚(安眠ガーゼケット 重厚)か、六重ガーゼ(恋するガーゼケット)で。

寝入りは出してた足先を朝方すっぽりと覆えば、
夜明け前の、いちばん気温が低い時間帯でも、
一枚で大丈夫です。

もう少し寒くなったら、
顔まわりのふんわり掛けガーゼの出番になります。

夏よりも、寒くなるこれからの季節こそ、ガーゼケット生活の醍醐味。あぁたのしみです。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 京都の底冷えにも、ガーゼケット

  2. この夏も、ガーゼケットが大活躍でした

  3. ガーゼケットとは

  4. 冬もガーゼケット使いで、最強の寒さ対策

  5. NO GAUZE-KET NO LIFE.

  6. 12月、冬のガーゼケット使い

  7. 愛でる、ガーゼケット

  8. ロングサイズのガーゼケット、シーツ使いに

  9. 就寝時のあったか対策、顔まわりのふんわり掛けのやり方

アリサラ舎 ガーゼケット工房


アリサラ舎製品は
高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
大切に、高阪が開発したオリジナルのやわらかガーゼがあります。



寝るときはガーゼケット、
起きてからガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活をお届けします。




作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。


最新情報はツイッターで更新中

PAGE TOP