なぜオーガニックコットンは使い始めに吸水力が弱い?

アリサラ舎製品は、
オーガニックコットン100%のガーゼ。
オーガニックコットンは、使い始めはあまり吸水できません。
吸水が全然できないわけじゃないのですが、明らかにわかります。吸水力が足りないな、と。

それは、なぜか?
オーガニックコットンには綿花の油分が残っているからです。

吸水性の弱さは、洗濯をすることで解消されます。
何度も何度も洗濯をしていくと、しっかりと吸水できるようになっていきます。

 
綿花の油分は、コットンが育つときに水をはじいて種を雨から守るという、重要な役割をしています。

(普通のコットンは油分を取り除く処理がされるのですが、オーガニックコットンは工程においても薬品を使わないので、油分を取る処理がされていません)

 
「天然ゆえの吸水力の弱さ」という不便さはあるものの、一方で「天然ならではの肌触り」という心地よさが、オーガニックコットンにはあります。

吸水力の弱さは、繰り返し洗濯することで解消されますが、肌触りの良さは何年使っても感じ続けられる。
それがオーガニックコットンのいずれは解消されるデメリットであり、ほかにはないメリットです。

 
***
↓ 洗うことで肌馴染みよくなる。
ガーゼケットの洗濯・干し方へ

↓ 洗うことで吸水力があがる。
ガーゼタオルの洗濯・干し方へ
 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. オーガニックコットンは色も育つ

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝ているときはガーゼケット、
起きてからはガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。


作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
クリックすると、アリサラ舎について知ることができます

人気記事

最近の記事

  1. アリサラ舎からのお知らせです
PAGE TOP