梅雨のガーゼケット使い

今年は早くに梅雨入りしました。
気温が高めの日もあれば、肌寒い日もあって、気温の変化がいろいろです。

そんななか、やっぱりガーゼケットは重宝します。

アリサラ舎ガーゼケット
今日は蒸し暑いなと思う日はガーゼケット一枚あればいいし、肌寒い日にはもう一枚足して顔回りや首元にふんわり掛けるとしっかり暖かく眠れます。

 
なかなかすっきりしない天気ですが、くもりの日でも乾きやすいから洗濯が助かります。
アリサラ舎ガーゼケット
鼻を近づけても、いやな匂いがしない。

 
端まですっきりと乾きやすいのは、ガーゼケットの周囲を縁取る「ぐるっと縁取り」です。(見た目のかわいさもあって、今では半数以上の方からぐるっと縁取りをご要望いただくように!なりました)
アリサラ舎ガーゼケット

 
空は厚い雲に覆われた日が続いてますが、夕刻、一瞬だけ明るくなることもあって。

普段の空とはまた違う色合いにドキドキします。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 春も、ガーゼケットのある暮らし

  2. 京都の底冷えにも、ガーゼケット

  3. 肌触りにうっとり、ぬくもりにほっこり~ガーゼケットを使い倒す

  4. やわらかな肌触りが大好きな方には、恋するガーゼケット

  5. 使い始めに吸水力が弱い、その理由。

  6. 涼やかな、色

  7. 秋のガーゼケット使い。

  8. 12月、冬のガーゼケット使い

  9. ロングサイズのガーゼケット、シーツ使いに

わたしにとってのガーゼケット

滋賀県ふるさと納税で購入

PAGE TOP