12月、冬のガーゼケット使い

琵琶湖西側の、比良山に積雪がみられるようになりました。冷え込んでいます。朝晩の暖房も欠かせません。

そんななか、寝室は暖房なしで寝入ります。夜明け前の冷え込む時間帯も、寒さでつい目が覚めてしまうこともなく、起きる時間までぐっすりと。

12月のいま、ガーゼケット2枚に毛布1枚、それに顔まわりのガーゼ掛けで眠っています。(わたしはたまたま毛布使いなのですが、布団の場合ガーゼケット1枚に掛け布団1枚で冬を越す方が多いです)

冬のガーゼケット使いは、電気毛布や湯たんぽなどの暖房もなし。じぶんの体温だけで十分保温できるから。

しかも、徐々に温まるんじゃなく、ガーゼケットの中に入ってわずか数秒で「しっかりと感じる」温かさ。

夏に大活躍したガーゼケットで、今年の冬の寒さも乗り越えられそうです。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 【ガーゼケットのある暮らし】12月、真冬のガーゼケット使い

  2. 昨夜のガーゼケット使い

  3. ガーゼケットとは

  4. 猛暑の夜、ガーゼケット使い

  5. 2020年もガーゼケットで良い眠り。

  6. 京都の底冷えにも、ガーゼケット

  7. ロングサイズのガーゼケット、シーツ使いに

  8. アリサラ舎ガーゼケット

    梅雨のガーゼケット洗濯事情

  9. 敷きガーゼケットで、あったか対策

ガーゼケット工房 アリサラ舎



やわらかなものに ふれると
肌も気持ちも、やわらぐ。



アリサラ舎の思いを伝えるため、

布からオリジナルの
特別なガーゼでつくる、

唯一無二のやわらかガーゼケット。




「ガーゼケットは
1年中使える 寝具です」


1年365日、
心地いいガーゼ生活をお届けします。





作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。

最新情報はツイッターで更新中

わたしにとってのガーゼケット

PAGE TOP