12月、冬のガーゼケット使い

琵琶湖西側の、比良山に積雪がみられるようになりました。冷え込んでいます。朝晩の暖房も欠かせません。

そんななか、寝室は暖房なしで寝入ります。夜明け前の冷え込む時間帯も、寒さでつい目が覚めてしまうこともなく、起きる時間までぐっすりと。

12月のいま、ガーゼケット2枚に毛布1枚、それに顔まわりのガーゼ掛けで眠っています。(わたしはたまたま毛布使いなのですが、布団の場合ガーゼケット1枚に掛け布団1枚で冬を越す方が多いです)
冬にガーゼケットを使いはじめてからは、電気毛布や湯たんぽなどの暖房もなし。じぶんの体温だけで十分保温できるのです。

しかも、徐々に温まるんじゃなく、ガーゼケットの中に入ってわずか数秒で「しっかりと感じる」温かさ。
夏に大活躍したガーゼケットで、今年の冬の寒さも乗り越えられそうです。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 猛暑の夜、ガーゼケット使い

  2. 2020年もガーゼケットで良い眠り。

  3. きょうの朝焼け・ガーゼケット

  4. この夏も、ガーゼケットが大活躍でした

  5. 春も、ガーゼケットのある暮らし

  6. NO GAUZE-KET NO LIFE.

  7. 秋真っ只中、10月半ばのガーゼケット使い

  8. 朝晩冷える秋の、ガーゼケット使い。

  9. 冷え込んできた秋の夜、ガーゼケット使い

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝ているときはガーゼケット、
起きてからはガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。



作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。↓↓
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
クリックすると、アリサラ舎について知ることができます

人気記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. アリサラ舎からのお知らせです
  2. アリサラ舎からのお知らせです
PAGE TOP