12月、真冬のガーゼケット使い

強い北風が吹き、冬将軍がやってくるようで一段と寒さが増してきました。

ある朝、目覚めるときに足が寒いなと思っていたら、足先だけ毛布の下のガーゼケットが1枚になっていました。

それもあって、
足先までしっかりとガーゼケット2枚で眠ってみると、全身ぽかぽかのまま朝を迎えられました。
(毛布1枚をいかすには、この時期ガーゼケットは2枚必須です)

そういうわけで わたしは真冬でも「ガーゼケット2枚+毛布1枚+顔まわりのふんわり掛けガーゼ」で眠っています。

寝入るときは、床についてわずか数秒で全身ぽかぽかになるガーゼケット、そのぬくもりは(しっかり掛かっている限り)朝までつづく暖かさ。
こんなにあたたかいのは、ガーゼケットの素材がオーガニックコットンだからです。

 
***
初ガーゼの方に。
初ガーゼケットの方へ

洗濯機で洗える。
オーガニックコットンの洗い方・ガーゼケットの洗濯と干し方へ

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. やわらかな肌触りが大好きな方には、恋するガーゼケット

  2. アリサラ舎オーガニックコットンガーゼシーツ

    初夏のガーゼケット使い

  3. エアコンの風に、ブランケット

  4. ロングサイズのガーゼケット、シーツ使いに

  5. 猛暑の夜、ガーゼケット使い

  6. 初秋の夜、ガーゼケット使い

  7. 秋のガーゼケット使い。

  8. 春も、ガーゼケットのある暮らし

  9. 顔まわりのふんわり掛けガーゼで、今冬も風邪ひかず

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝ているときはガーゼケット、
起きてからはガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。


作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
クリックすると、アリサラ舎について知ることができます

人気記事

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

PAGE TOP