アリサラ舎ガーゼケット

目立たない縁取りは?

 
オーガニックコットン100%の素材でも染色しているガーゼもありますが、アリサラ舎のガーゼは染色せず天然のままの色=きなり色になります。

使っているうちに洗濯などで自然退色して、色は抜けていきます。
ガーゼはきなり色から、やわらかい白へと。

色の変化は少しずつ。
白になるまでには数か月ぐらいかかるでしょうか。

 
それゆえ目立たない縁取りは「白」になります。

白の縁取りのガーゼは、とても清潔感があって凛とした風情も漂います。
タオルでもケットでも白は素敵です。

 
ちょっと色味がほしいときには「ミルクティ色」の縁取りがあります。

最初のきなり色のガーゼのときには、ちょっとぼんやりした印象のミルクティ色ですが、やさしい白色になった頃のガーゼにはナチュラルな色味の縁取りとして映えてきます。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. ふかふかガーゼタオル、全7色一覧

  2. アリサラ舎のサーモンピンクは、ひたすらかわいいピンク色です

  3. 四重ガーゼタオル、大きさ比べ

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝るときはガーゼケット、
起きてからガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。



作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。↓↓
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
PAGE TOP