秋のガーゼケット使い。

今週に入り、朝晩涼しくて(扇風機がもういらない)秋らしくなってきました。
そんななか、真夏と同じようにガーゼケット一枚で寝ています。ただ、もうお腹掛けでは涼しいので全身に掛けています。肌寒いときには首元までしっかり覆っていれば十分な温かさ。

夏の暑い時期は涼しく感じるガーゼケットなのに、涼しくなれば暖かく感じるガーゼケット。

同じガーゼケットで、こんなに役立ってくれるのかと、季節がすすみ改めてオーガニックコットンガーゼケットの良さを噛みしめる今日この頃です。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 1年365日、ガーゼケット生活

  2. NO GAUZE-KET NO LIFE.

  3. 就寝時のあったか対策、顔まわりのふんわり掛けのやり方

  4. 肌触りにうっとり、ぬくもりにほっこり~ガーゼケットを使い倒す

  5. 12月、冬のガーゼケット使い

  6. 昨夜のガーゼケット使い

  7. エアコンの風に、ブランケット

  8. 春も、ガーゼケットのある暮らし

  9. 初秋の夜、ガーゼケット使い

アリサラ舎 ガーゼケット工房


アリサラ舎製品は
高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
大切に、高阪が開発したオリジナルのやわらかガーゼがあります。



寝るときはガーゼケット、
起きてからガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活をお届けします。




作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。


最新情報はツイッターで更新中

PAGE TOP