梅雨のガーゼケット洗濯事情

ここ近畿地方は。
梅雨入りが例年よりも遅く、6月下旬だったのですが、梅雨入りしてからは雨もしっかり降るようになりました。
そんななか、雨が降らない日に(湿度高めの曇天)ガーゼケットを たまに洗濯して外干ししています。

湿度が低く、風のある晴天なら3時間ほどあれば十分乾くところ、梅雨空だと5時間ぐらい。いつもより時間がかかっても、カラッと乾いてイヤな匂いもまったくしない。

大判サイズのものでもこんなふうにスッキリと乾くことができるのはガーゼの良さですね。(ほんとありがたいです…)

アリサラ舎ガーゼケット
ガーゼケットは、
乾燥機で乾かしても大丈夫
ほかのものよりも早く乾くので、乾燥のしすぎに注意してください。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 就寝時のあったか対策、顔まわりのふんわり掛けのやり方

  2. 【ガーゼケット生活】12月、真冬のガーゼケット使い

  3. ロングサイズのガーゼケット、シーツ使いに

  4. 12月、冬のガーゼケット使い

  5. ガーゼケットとは

  6. 冷え込んできた秋の夜、ガーゼケット使い

  7. アリサラ舎オーガニックコットンガーゼシーツ

    初夏のガーゼケット使い

  8. この夏も、ガーゼケットが大活躍でした

  9. 1年365日、ガーゼケット生活

アリサラ舎 ガーゼケット工房


アリサラ舎製品は
高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
大切に、高阪が開発したオリジナルのやわらかガーゼがあります。



寝るときはガーゼケット、
起きてからガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活をお届けします。




作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。


最新情報はツイッターで更新中

PAGE TOP