ガーゼケットとは

アリサラ舎ではガーゼのタオルケットのことを「ガーゼケット」と呼んでいます。

ネットのなかではわりと知られている言葉なのですが、初対面で名刺交換をしたときによく尋ねられるのが「ガーゼケットって何ですか??」と。

そんなときは「ガーゼのタオルケットなんです」「タオルケットのガーゼバージョンです」と呼び名を変えてみると、「あぁなるほど」と伝わるのですが、タオルケットはメジャーでも、ガーゼケットはまだまだマイナーな名称だなぁというのを実感しています。

 
ほかには、
 ガーゼのブランケット
 ガーゼの毛布
 ガーゼの肌掛け
 ガーゼの寝具
という言い方も、ガーゼケットのことです。

 
アリサラ舎のサイト内でもガーゼケットという言葉だけでなく、いろいろと(すでにもっと一般的な言葉に)言い換えて伝えていくことで、ガーゼケット=ガーゼのタオルケット という具合に 連想してもらいやすくなるのかなと、改めて言葉選びのむずかしさや大切さをしみじみと感じているところであります。

 
 
やわらかガーゼの肌触りの心地よさを 最大限味わえる「ガーゼケット」

一番シンプルな呼び名なので アリサラ舎では「ガーゼケット」と呼んでいます。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 秋真っ只中、10月半ばのガーゼケット使い

  2. 元旦の目覚めも、ガーゼに包まれて

  3. やわらかな肌触りが大好きな方には、恋するガーゼケット

  4. 顔まわりのふんわり掛けガーゼで、今冬も風邪ひかず

  5. ガーゼタオルが初めての方には、四重ガーゼ

  6. 四重ガーゼタオル、大きさ比べ

  7. ロングサイズのガーゼケット、シーツ使いに

  8. 秋のガーゼケット使い。

  9. 肌触りにうっとり、ぬくもりにほっこり~ガーゼケットを使い倒す

アリサラ舎 ガーゼケット工房


アリサラ舎製品は
高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
大切に、高阪が開発したオリジナルのやわらかガーゼがあります。



寝るときはガーゼケット、
起きてからガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活をお届けします。




作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。


最新情報はツイッターで更新中

PAGE TOP