春も、ガーゼケットのある暮らし

寒の戻りをくり返しながらも、季節は一歩一歩春めいてきました。
変わらず、わたしはガーゼケットで気持ちよく眠っています。

比較的あたたかい日だと、真冬での「ガーゼケット2枚+毛布1枚+顔まわりのふんわり掛けガーゼ」では多少暑くなってきました。

そんなときには。
ガーゼケット2枚から1枚減らします。

顔まわりのふんわり掛けガーゼは減らしません。真冬並みでなくても明け方にはいったん気温が低くなるので、そのときに必須なんです。


休日の少し遅めの朝、陽が差し込んだガーゼケットを見るのもまた違った表情に。

このなかに、顔をうずめて、

しばし至福の時間。

ガーゼケット使いの日々は まだまだつづきます。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 猛暑の夜、ガーゼケット使い

  2. 1年365日、ガーゼケット生活

  3. 2020年もガーゼケットで良い眠り。

  4. 愛でる、ガーゼケット

  5. 京都の底冷えにも、ガーゼケット

  6. アリサラ舎ガーゼケット

    梅雨のガーゼケット洗濯事情

  7. 敷きガーゼケットで、あったか対策

  8. エアコンの風に、ブランケット

  9. 秋のガーゼケット使い。

最新情報はツイッターで更新中

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝るときはガーゼケット
起きてからガーゼタオル


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。



作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。↓↓
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
PAGE TOP