名入れの裏側

 
ガーゼは、柔らかいので、
ミシンで縫いづらい素材です。

なかでも、名入れ刺繍はそのままだと縫えません。
そこで、ガーゼの下に薄紙を敷いて縫っています。

薄紙は、水に溶けるものを使っているので、
お洗濯していただくことで、無くなります。

「何だコレは⁈」とならないよう、
名入れについての紙を添えています。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. トーンの違う3色ベージュで、品よく、味わい深く

  2. 模様刺繍ブランケットに名入れを。

  3. ガーゼケットへの名入れ&模様刺繍、紹介。

  4. ベビーブランケットに、人気の、名入れ&犬の模様刺繍

  5. 縁取りと名入れの色、濃淡使い

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝ているときはガーゼケット、
起きてからはガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。


作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
クリックすると、アリサラ舎について知ることができます

人気記事

最近の記事

  1. アリサラ舎からのお知らせです
PAGE TOP