からだ洗い用タオル、使い比べ

 
からだ洗い用タオルには、
極上タオルの手ぬぐいサイズが1番使いやすい。

と、長年信じているのですが、
ふと、思い立って、違うガーゼで試してみました。

 
三重ガーゼ 極上より、
ふわふわ感が強い四重ガーゼ(持ち歩きタオルで使用)を、
手ぬぐいサイズに試作。
(左:極上 右:四重ガーゼ)

たしかに、石鹸で泡立てたタオルは、
よりボリュームが出て気持ちよさそうでしたが、
実際に洗ってみると…洗いづらかったです。

何でそう感じるのか?

洗いづらい原因を探るために、
2種類のガーゼタオルを交互に使いながら洗っていくと、
はっきりした原因が見えてきました。

 
それは、手におさまるかどうか、です。

四重ガーゼはせっかくのボリュームが、
逆に手におさまりきらなくて、
洗いにくい。

洗い終わって、
タオルをゆすぐ時も手に余る。
絞るのも、手に負担に感じる。
(水を含んだタオルは重くなります)

 
一方、極上は、薄手ゆえ、
まるで自分の手がガーゼになったように、
やさしく洗って、ゆすいで、絞りきれます。
手に感じる負担が、
(まったくと言っていいほど)ほとんどありません。

まさに癒しのバスタイム、と言っていいほどの使い心地です。

 
というわけで、
「からだ洗い用タオルには、
極上タオルの手ぬぐいサイズが1番使いやすい」
と、胸を張ってこれからも伝えていきます。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 三重ガーゼのシーツ、初試し

  2. タオルの厚みはあればあるほど良いのか…? 実験。

  3. オーガニックコットンガーゼ

    乾きやすさから選ぶ、三つ折り or 縁取り仕上げ

  4. 新しい縫製方法で実験・検証中 2

  5. 1年で色褪せする「すみれ色」縁取り、解決に向けて取り組んでます

  6. 三重ガーゼのシーツ、その後

  7. 三重ガーゼのシーツ、その後 2

  8. アリサラ舎ガーゼ

    新しい縫製方法で実験・検証中

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝ているときはガーゼケット、
起きてからはガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。


作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
クリックすると、アリサラ舎について知ることができます

人気記事

最近の記事

  1. アリサラ舎からのお知らせです
PAGE TOP