アリサラ舎ガーゼケット

湿気の多い曇天でも、ガーゼなら乾く

 
連日の雨はあがりましたが、天気回復とまではいかなかった今日の曇天。
夕方になっても、
TシャツやYシャツなどはまだ半分湿ったようで、パイル地のタオルは乾ききっていなかったのですが、
ガーゼタオル、ガーゼのバスタオルだけは、スッキリと乾ききっていました。
乾きがいいと少ない枚数でまわせる。だからガーゼは助かります。


夕方取り込んで、畳んだガーゼには顔をうずめてみたくなるほど。

 

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 顔まわりのふんわり掛けガーゼで、今冬も風邪ひかず

  2. 枕カバー代わりにバスタオルを巻く

  3. 【ガーゼタオルの選び方】三重ガーゼは赤ちゃん・子どもに、四重ガーゼは大人に

  4. 泡立てたガーゼタオル

  5. ガーゼタオルに癒される

  6. 風呂上がり、冷んやりせず

  7. パイル地に負けない厚手ガーゼもあります

  8. ガーゼタオルが初めての方には、四重ガーゼ

  9. くるくる巻いたタオル、仰向きでも横向き寝でも

2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝るときはガーゼケット
起きてからガーゼタオル


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。



作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。↓↓
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
PAGE TOP