洗えば洗うほど、良いことだらけ

今朝の洗濯。
初洗いのガーゼがあったので、色の違いを改めて感じたところです。

左:数回洗った状態 右:1回目の洗濯

オーガニックコットンなので色止め加工をしておらず、ガーゼの色は「きなり色」です。

洗濯したり紫外線にさらされたりして自然退色されて、だんだんと色褪せします。

「きなり色」が色褪せすれば黄みが抜けて「白」に。

青よりの白ではなくオフホワイトのようなやさしい白。ソフトな白なのでアリサラ舎では「ミルク色」と呼んでいます。

色が変わった頃のガーゼは洗濯回数も重ねているので、吸水力もしっかりしてくる頃。

洗えば洗うほど、ガーゼは起毛してふんわり感が出てくるので、風合いもぐっと良くなってきます。

肌にまとわりつくような嫌な感じが抜けて、肌馴染みのいいガーゼに育ちます。

オーガニックコットンのガーゼは、ぜひ、どんどん洗っていってお使いいただけたらと思います。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 洗濯後のアリサラ舎ガーゼタオル

    洗えば洗うほど ふわふわに育つ。

  2. オーガニックコットンは色も育つ

  3. 二枚重ねは、さらにうっとり

  4. 使い始めに吸水力が弱い、その理由。

  5. 端まで、やわらかい

  6. 洗えば洗うほど、生成りから白に

  7. 模様刺繍、洗えば洗うほど映える。

  8. 洗えば洗うほど、もこもこに育つ。

  9. 「新しい」ガーゼタオルはどれ?

アリサラ舎 ガーゼケット工房


アリサラ舎製品は
高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
大切に、高阪が開発したオリジナルのやわらかガーゼがあります。



寝るときはガーゼケット、
起きてからガーゼタオル。


1年365日、
心地よいガーゼ生活をお届けします。




作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。


最新情報はツイッターで更新中

PAGE TOP