洗えば洗うほど

  1. オーガニックコットンは色も育つ

    オーガニックコットンは、色を漂白して「白色」にしたり、染色して「色」をつけたりしていないので、綿花の色がそのままガーゼケットやガーゼタオルの色になっています。色は生成り(キナリ)です。 洗濯を繰り返しながら日々使っていくことで、色は少しずつ褪せてきます。

    続きを読む
  2. 厚みのあるガーゼ、ここにあります

    よそではなかなか見られない、厚みのあるガーゼタオルはここにあります。ガーゼタオルはパイル地に比べて薄手のものになるため、厚みのあるガーゼタオルがなかなかありません。それなら、じぶんで作ってしまおうと思い、開発したのが、四重ガーゼ重厚仕上がりです。

    続きを読む
  3. 「新しい」ガーゼタオルはどれ?

    アリサラ舎のオーガニックコットンのガーゼは、漂白や染色をしていないので、最初は生成り(きなり)色をしています。この生成り色は、天然がもつ、そのままの色。ナチュラル感たっぷりでやさしい色味です。

    続きを読む
  4. 端まで、やわらかい

    洗えば洗うほど、肌触りも育つガーゼ。お届け時からずっと続く「やわらかさ」と、育ったガーゼの「肌触りのよさ」が掛け合わさることで、オーガニックコットンガーゼはとても気持ちのいい使い心地となります。端まで、ひしひしと伝わるやわらかな肌触り。

    続きを読む
  5. 洗えば洗うほど、良いことだらけ

     今朝の洗濯。初洗いのガーゼがあったので、色の違いを改めて感じたところです。左:数回洗った状態 右:1回目の洗濯オーガニックコットンなので色止め加工をしておらず、ガーゼの色は最初は「きなり色」です。

    続きを読む
  6. 洗えば洗うほど、色が変わる

     アリサラ舎ガーゼの素材は、オーガニックコットンです。染色をしていないので、色は天然の色、生成り色(ナチュラル色とも呼ばれます)になります。 使っているうちに、洗濯していくうちに、色は自然退色(自然に色褪せ)していきます。生成りから黄みが抜けて、白へと。

    続きを読む
  7. 二枚重ねは、さらにうっとり

     恋するガーゼケット と 六重ガーゼブランケットは、三重ガーゼを二枚重ねにして縫っています。二枚重ねにすると、さらにうっとりする気持ちよさなので、ほかのガーゼでも試してみようかなと思っています。

    続きを読む
  8. 洗濯後のアリサラ舎ガーゼタオル

    洗えば洗うほど、ふわふわに

     洗濯前のガーゼ。お届け時はこんな感じです。  洗濯1回目のあとは、ふわふわになります。ふわふわ感は、何度洗濯しても続きます。 柔軟剤は使いません。オーガニックコットンは柔軟剤なしの洗濯です。

    続きを読む
  9. 洗えば洗うほど、生成りから白に

     アリサラ舎のガーゼは、オーガニックコットンなので、染色していません。天然のそのままの色、生成りです。使ったり、洗濯していくと、色は自然と色あせていくので、ガーゼは生成りから白になります。 試作したものを洗濯するとき、改めて色の違いにハッとします。

    続きを読む
ページ上部へ戻る