11月 10

ガーゼと向き合って 1(重ね枚数)

 
アリサラ舎のオーガニックガーゼは
すべてオリジナルの仕様で織ってもらっています。

仕様を決めるためには、まずガーゼと向き合うことから
スタートしました。

 
一般的にガーゼは以下4つの違いで
質感や肌触り、風合い、使用感が変わってきます。

1.重ね枚数

2.糸の細さ、太さと素材

3.打ち込み本数

4.接結点の間隔と深さ

まずは重ね枚数からお話しします。

 
 
 
 
重ね枚数は
一重、二重、三重・・・とガーゼが何枚重なって織られているかということで、
よく見かけるのは六重ガーゼくらいまでが多いです。

一般的に重ね枚数が増えるほどガーゼは、より厚みに、より重くなってきます。

 
たとえば六重ガーゼといっても、
生地織りの時点で六重で織られているのか
アリサラ舎のブランケットやガーゼケットのように三重ガーゼを二枚合わせにしているかで、
風合いやあたたかさが違ってきます。

六重で織られているものより、
三重ガーゼを二枚合わせにしたほうが、空気層が多くなり、よりたくさんの空気を含むので
ブランケット・ガーゼケットに断然向いているのです。

 
つづく
 
 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/