4月 01

バスマット代わりに古バスタオルを使う。

 
バスマットは持たず、古いバスタオルをバスマット代わりにしています。

古くても、足の裏までしっかりと伝わるガーゼのふわふわ感。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 20

雨でも、乾きが早いガーゼタオル。

 
昨日から雨がつづいています。

そんななかでも、
洗濯で比較的枚数の多いタオルがその日のうちに乾いてくれると
すごく助かります。

 
ガーゼの厚みに関係なく薄手も厚手もすっきりの速乾性のよさは
ガーゼタオルの本当に良いところ。

乾ききったら、たいせつに畳んで棚に戻す。
そして夜には、また使うので、タオルの枚数が少なくても回していけるのは
シンプルに暮らせることにつながっているとわたしは感じています。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 19

あるもの調理で手つかずの食材を消費する。

 
買い物に行かずあるもので夜ご飯。

福井みやげの郷土料理「へしこ」をアンチョビに見立てて
玉ねぎ・ベーコンと炒め、ホワイトソースで仕上げる。

味見したへしこが濃厚だったので、
塩こしょうの味付けは一切なし。

パスタをゆでるときの塩もほんの少し。

 
素材が生きた、シンプルだけどおいしいパスタに仕上がりました。

なかなか手を付けられなかったへしこを消費できたことが一番の解放感かも。

 
 
(3月22日 追記)
 この へしこホワイトソースは余った分は翌日の昼、ドリアにしても食べました。
 もう、ほんとうにおいしくて、忘れられない味になっています。
 福井に行ったときの、また買うたのしみができました。

 
 
 

3月 05

春めいた季節の就寝時ガーゼケット使い。

 
【就寝時のガーゼケット状況をときどきお伝えします】

 
 
冬の間、ガーゼケット2枚+化繊の毛布2枚 で過ごしていました。
(今年もやっぱり「布団いらず」でした)

 
ここ最近は暖かくなってきたせいか
夜中に(暑くて)毛布を蹴とばして、朝方寒い思いをすることがあったので
ガーゼケットを1枚にしてみました。

 
夜中に毛布をはいでしまうこともなく
眠りについてから朝、目覚めるまで気持ちよく眠れるようになっています。

1枚使いのガーゼケットは、四重ガーゼで
長さ250cmのロングサイズなので、全身を覆って顔まわりにもぐるっとふんわり掛け。

 
 
試作したオーガニックコットンではない、普通の綿100%のやわらかガーゼを試用しているところです。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 24

【ガーゼのある暮らし】洗面所タオル。

 
洗面所にて。
手を拭くたびにいちいち心が躍ってしまうのは、
やわらかガーゼのおかげです。

 写真:イロトリドリ対応をした持ち歩きタオル

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 16

『みんなの家しごと日記』に掲載されてます。

 
高阪として、翔泳社の『みんなの家しごと日記』に掲載されています。
84~89ページです。

実践している持たない暮らしのことを中心に
タオルやガーゼケットのことも書かせてもらいました。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 07

冬の洗濯、低温度・低湿度時の乾き具合。

 
今日の滋賀南部は外気最高10度くらい。

朝、洗濯して干したガーゼタオルは6~7時間後、すっきり乾いています。
乾ききっていない匂いも全くなし。

取り込んでから、エアコンの風にあてること5~10分。
冷えたタオルが温まってから、畳んで棚へ。

15時台には大小のガーゼタオルがすっきり片づけ終了です。

 
ちなみに綿100のTシャツはこの時点でまだ乾ききってない匂いがしています。
枚数があるタオル類がすっきりと乾いてくれることが本当に助かります。

12月 05

冬の羽毛布団を手放したその後。

 
経年による買い替えのために先に手放した冬の羽毛布団。
実験的に布団なしの生活を送ってみたのが昨年です。

それまで、
 安眠ガーゼケット+化繊の毛布+化繊の毛布+羽毛布団
だったのが、
 安眠ガーゼケット恋するガーゼケット+化繊の毛布+化繊の毛布
にしてみました。

 
<追記>
 ・布団のとき、安眠ガーゼケットは全身掛けするよりも顔まわりのふんわり掛けとして
  使うことが多かったです

 ・布団なしになると、ガーゼケットは二枚とも全身掛けして使っています
  一枚は250cmサイズのものなので、全身掛けしつつ顔まわりのふんわり掛けも兼ねています

 ・化繊の毛布は時期によって一枚使いのことも。
  化繊の毛布がいいから使っているというより、親からの贈りものなので使い続けている感じです

 ・アリサラ舎製品ご使用の方は、真冬でも「ガーゼケット+羽毛布団」が多いです

 
 
布団なしの生活は初めてでしたので、
寒さに耐えられなかったら布団を買おうと思っていましたが、いつの間にか春を迎えました。

布団なしで冬を越せたのです。 就寝時、部屋のエアコンなどの暖房もなしです。

 
 
布団の管理がなくなると、普段の暮らしがぐっと身軽になります。
羽毛布団の買い替えは見送ったまま、今年も本格的な冬を迎えたところです。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 04

室内干しの人にこそガーゼタオル。

 
アリサラ舎製品をお使いの方のなかには、
寒い地域にお住いの方もいらっしゃいます。

 
冬のあいだは基本ずっと部屋干し。
タオルの乾きがわるいと、部屋干しの量が増えて家中洗濯ものだらけになる。

ガーゼタオルを使い始めてからは、
乾きがいいので、干す量も減ってタオルを持つ枚数が少なくて済むようになった、とのこと。

 
 
乾きがいい点だけをみると、
ガーゼタオルであるなら素材がオーガニックコットンでなくてもよさそうです。

綿100やリネンのガーゼタオルでも。

 
早く乾くうえに、ガーゼのやさしい風合いや肌触りのやわらかさを楽しめるのが
アリサラ舎のオーガニックコットン100%のガーゼタオルです。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/