11月 29

事前洗いは、洗剤入れて洗濯機で洗って干すところまで。

【アリサラ舎のガーゼは何年経っても気持ちよく使えるものになります。
そのために 洗い方・干し方・手入れの仕方 を参考にしていただけたら幸いです】

ガーゼタオルを、フェイスタオルやバスタオルとして使いたいとき
「しっかりと吸水」してほしいですよね。

オーガニックコットンのガーゼタオルは届いてからすぐに使えません。
事前洗いが必要です。

(商品に添えている商品説明書にもその旨記載していますので、
ギフトにされる場合でも、オーガニックコットン製品が初めての場合でも、
つき合い方がわかるようになっています)

(2018.2.13 追記)
まくらカバータオル・ブランケット・ガーゼケットは肌あたりを良くするために事前洗いを2~3回ぐらいしていただけたら幸いです)

三重ガーゼでしたら、6回ぐらい。
四重ガーゼでしたら、10~10数回。

洗っては干し。乾いたらまた洗って、を繰り返していきます。

1.柔軟剤や漂白剤が入っていない洗剤を使って、洗濯機の普通コースで洗ってください。

(普段、上記の洗剤を使っておられましたら、普段の洗濯ものと一緒に洗っても大丈夫です)

(2018.2.18 追記)
洗濯機の水量は多めに設定していただけると、ふんわり洗えるのでガーゼにとって良い洗い方になります。

2.洗ったあとは、直射日光を避けて干してください。

(乾燥機使用の方は、短時間を意識してください)

* 洗剤を使わずに洗っても、綿花に残っている油分が落ちないのでタオルの吸水性は上がりません。

* 洗ったあと、いったん干す(乾かす)ことで、ガーゼがふんわりと育ちやすくなります。

ここまでが、事前洗い1回となります。

これを何度も何度も繰り返していきます。
毎日洗濯したとしても、届いてから使えるようになるまで「1週間~2週間弱」はかかります。

いったん吸水がよくなると、その後は吸水力が下がることはありません。

「直射日光干し・柔軟剤使用・漂白剤使用を避けていただく」と
やわらかさが「何年経っても」つづきます。

それゆえ、しっかりと吸水して、いつまでもやわらかいガーゼ製品は
長く、気持ちよく、使っていただけるものとなります。

ガーゼを使うことで日々の生活を快適に過ごせる一助となっているのは
作り手であり、使い手でもあるわたしが強く、強く感じている使い心地であります。

ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

10月 23

ガーゼと安心できる関係に。

【アリサラ舎のガーゼは何年経っても気持ちよく使えるものになります。
そのために 洗い方・干し方・手入れの仕方 を参考にしていただけたら幸いです】

使い始めのガーゼタオルの吸水がよくないことに不便を感じたり、
使い始めのガーゼケットの肌にまとわりつく感が嫌なこともあるかもしれません。

それは、アリサラ舎のガーゼの素材がオーガニックコットン100%だからです。

綿花は油分を含んでいます。
雨や外敵から種を守るため油分は重要な役割を果たしています。

油分を含んだ綿花は、工程で薬を使い脱脂作業をして油分を抜きます。
それが通常のコットンです。

アリサラ舎のオーガニックコットンは、
脱脂作業をせずに生地まで仕上げるので油分がそのまま残っています。
それが吸水のわるさにつながっています。

綿花の油分は、何度も何度もお洗濯していただくことで抜けていきます。
(洗濯には柔軟剤・漂白剤が入っていない洗剤や、重層、石鹸を使ってください。
水だけ、お湯だけの洗濯では油分を落とせないので何度洗っても吸水があがりません)

三重ガーゼでしたら、6回程度の洗濯、
四重ガーゼでしたら、10回程度でしっかり吸水するようになってきます。
(ガーゼケットは、2~3回ぐらいの洗濯で肌あたりが良くなります)

繰り返し洗ったガーゼタオルの吸水のよさはずっと続きます。
繰り返し洗ったガーゼケットの肌馴染みの良さはずっと続きます。

不便に感じていることも不安に思うこともなく、
ガーゼと安心できる関係になって、長く気持ちよくお使いいただけるものとなります。

ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

10月 19

ガーゼ製品の乾燥機使用。

【アリサラ舎のガーゼは何年経っても気持ちよく使えるものになります。
そのために 洗い方・干し方・手入れの仕方 を参考にしていただけたら幸いです】

何日も雨が降り続くなか、普段は外干しの方でも乾燥機を使うこともあるかと思います。

ガーゼは早く乾きますので、乾燥機をかける時間は短めでお願いします。
かけすぎると、乾燥しずぎで収縮が激しくなります。

綿のTシャツがまだ本乾きしない時間でも、ガーゼ製品は本乾きします。

かけすぎなければ、外干しよりふわふわに乾きます。

左:乾燥機使用 右:外干し(どちらも3~4年使用の持ち歩きバスタオル

見た目は微妙な差ですが、左のほうがヨコ方向も波打ちが目立つのが見えますでしょうか。

手ざわりも乾燥機使用のほうがさらに良くなります。

ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

11月 10

ふつうの洗濯洗剤でも大丈夫。

【アリサラ舎のガーゼは何年経っても気持ちよく使えるものになります。
そのために 洗い方・干し方・手入れの仕方 を参考にしていただけたら幸いです】

オーガニックコットンならではの風合いを保つには
無添加の石けんでの洗濯が理想的ですが、
一般的なふつうの洗濯洗剤でも大丈夫です。

数年以上長く使いつづけることで
無添加の石けんと、ふつうの洗剤との
風合いの違いは多少でてくるかと思いますが、

劇的に違うというものではない、ということが
自分が使い続けて、数種類の洗剤で洗濯しつづけて
また周りからもいろんな声をもらって
出た結論です。

seihin0326

オーガニックコットンの風合い、やわらかさを保つには、
洗剤の違いよりも、干し方の違いのほうが重要です。

理想的な洗濯洗剤を使い続けることの差よりも、
理想的な干し方=陰干しをしていくことのほうが
とても大きな差がでてきます。

洗剤を気にするよりも、まずは陰干しを徹底していただくことで
オーガニックコットンの風合いや肌触りの良さ、やわらかさを
より長く、より快適に感じながらお使いいただけるかと思います。

→(2018.2.13 追記)ちなみにわたしがここ数年使用している洗濯洗剤は花王のアタックネオです。