3月 19

バスタオル使い人気ランキング。

 
【ご注文時 バスタオル使いするかどうかはわかりません。
 購入してくださった方とやりとりする中で把握できた情報から集計しています】

 
バスタオルとして使うタオルの人気ランキングです。5位までお伝えします。

◆1位◆・・・シンプルライフのためのバスタオル(長さ110cm×幅47cmくらい)
 フェイスタオルよりも長めでバスタオルよりも短く、ハンガーに掛けられるサイズです。

 
◆2位◆・・・三重ガーゼバスタオル(長さ130cm×幅70cmくらい)
 一般的なバスタオルサイズ×一般的なガーゼらしいガーゼ。 贈答用で選ばれる方も多いです。

 
◆3位◆・・・持ち歩きタオル(長さ100cm×幅35cmくらい)
 長めのフェイスタオルサイズ。2枚使いする方も多いです。
 2枚使っても、バスタオルよりも洗濯がラクとのこと。

 
◆4位◆・・・持ち歩きバスタオル(長さ130cm×幅70cmくらい)
 一般的なバスタオルサイズ。 入浴後ふわふわガーゼに包まれたい方や特に男性に人気です。

 
◆5位◆・・・極上仕上がり バスタオル(長さ130cm×幅70cmくらい)
 一般的なバスタオルサイズ。 赤ちゃん・子どもに圧倒的人気で肌掛けにも重宝します。

 
‐‐‐‐‐
 アリサラ舎ではシンプルライフを送っておられる方、シンプルライフに惹かれている方が
 ご自宅用のバスタオルとして購入される場合が多いです。

 バスタオルはもういらない。
 持ち歩きタオルだと物足りないかな、ということで
 「シンプルライフのためのバスタオル」が今のところ1番人気となっています。

 
 
 また。
 出産祝いには「極上仕上がり バスタオル」「三重ガーゼバスタオル」が人気です。
 おくるみ代わりだけでなく肌掛けにもなり、多用できるからです。

 ちなみに。
 結婚祝いにはバスタオル類よりも「持ち歩きタオル」か「安眠ガーゼケット」「恋するガーゼケット」を
 2枚セットで贈られる方が多いです。

(アリサラ舎では箱入れ×熨斗掛けラッピングも対応しています)

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 19

写真でみる最薄ガーゼと最厚ガーゼ。

 
先日、「アリサラ舎ガーゼの厚みの違い」をお伝えしましたが、
きょうは最も薄手のガーゼと最も厚手のガーゼを並べてみました。

 
 
左:四重ガーゼ 重厚仕上がり(綿100%) 右:三重ガーゼ 極上仕上がり(オーガニックコットン100%)
どちらも何度か洗った状態です。

右は、一般的に売られているガーゼタオルと同じような厚みです。
左の、ガーゼでは珍しいほどのボリューム感、伝わりますでしょうか。

 
 
 
最厚手の四重ガーゼ 重厚仕上がりは、
未発売の綿100%のものと販売中のオーガニックコットン100%のものとがあります。
並べてみました。

 
左:綿100% 右:オーガニックコットン100%
どちらも何度か洗っています。

厚みの差はほとんどないものの、
左の綿100%のほうが、右のオーガニックコットン100%に比べて
(洗濯していくと出てくる)縦じわ感が弱いので、その分ふんわり感が多少増しているかもしれません。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 19

お別れの季節のギフトラッピング。

 
卒業シーズンを越えて、異動・退職シーズンに入りました。

メッセージタグ「お世話になりました」でお礼の気持ちを添えて。

大切に包んでお届けします。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 16

一縫一会。6

 
【一縫一会 では ガーゼを通していただいたご縁を紹介させてもらいます】

 
ガーゼを通していただいたご縁の元祖はやっぱり
なんといっても織屋(はたや)さんです。

アリサラ舎のガーゼは、兵庫県播州地域にある織屋さんで織ってもらっています。

 
 
お世話になってもうずいぶん長いこと経つのですが、最初の頃のことは忘れられません。

生地のサンプル発送を電話で初めてお願いしたとき、あっさり断られました。
直接会って、話しに来いと。

そのあと2、3日後に行かせてもらったのが最初の顔合わせとなりました。

 
 
当日は、高速バスのバス停まで社長みずから迎えに来てくださったこと、
電話での感じとはうらはらに、温かなもてなしをしていただいたこと、
たくさんの生地サンプルはもちろん、工場のなかを丁寧に案内してくださったこと、
昨日のことのようによく覚えています。

 
 
その後、電話やメール、郵便で済むような時でも、
必要があれば播州に行って、社長や従業員の方たちと直接会って話すようにしています。
(車で行くようになったので、お迎えで社長の手を煩わすことは今はもうありません)

そんなふうに関係を積み重ねていきながら、アリサラ舎のガーゼがここにあります。

 
 
 

3月 16

マンションでのミシン使用、防音防振対策。

 
マンションでのミシンの音・振動対策としては
床に畳を敷いています。

ミシン屋さんからは防音防振マットの提案がありましたが、畳にしました。

 
 
リフォーム時 いろんな分野の専門家の方に話しを聞いていくと
マットよりも 厚みのある畳のほうが効果が高いことがわかり、

地元の畳屋さんで作ってもらえる最厚の6センチで用意してもらいました。

複数台のミシンと制作場の部分は全部畳敷きになっています。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 16

斬新な使い方!?

 
朝起きて、首が痛むようになったので、
使っていた低め枕を使わず 寝るようにしていました。

枕を使わないと、あおむけに寝るにはいいのですが、
横向きになるとけっこうキツい。

だけど、首の痛みがやわらいだので枕なし生活を続けていました。

 
 
そんななか、昨夜ふと思いついて、ガーゼケットを枕にして寝てみたのです。

ガーゼケットを折って高さ調節。


そして今朝。

首の違和感がなく、なんだか楽になっています。
(痛くてできなかった)首をぐるっと回せます。反対まわりにも。

首をこんなに自由に動かせるのは、ほんと久しぶりです。嬉しい。
今夜もこれで寝てみます。

また後日報告します。

 
 
(3月22日 追記)
 1週間ほど経過。痛みのあった首はわずかな違和感さえも、すっかりなくなりました。
 仰向けも横向きも快適なので、このまま使いつづけてみます

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 15

新ガーゼ、試用状況。2

 
前回:新ガーゼ、試用状況。

 
新ガーゼは素材が綿100。
アリサラ舎で最厚手の「四重ガーゼ 重厚仕上がり」と同じ仕様になり、
ガーゼでは珍しいほどの、しっかりした厚みのあるタイプです。

 
 
オーガニックコットンの「四重ガーゼ 重厚仕上がり」と比べて
やわらかさに違いがあります。

オーガニックコットンのほうが「はりがある(弾力のある)やわらかさ」で
綿100のほうが「はりがない(弾力のない)やわらかさ」、くったりとしています。

 
 
頬にふれると、違いがわからないのですが、
手のひらで握りしめると、「やわらかさ」に違いがあることに気づきます。

 
「しっかりした厚みがあるのに、くったりとしたやわらかさ」を持つ綿100ガーゼをどう生かすか。

「厚みがあって、くたっとやわらかい」からこそ活用できる場を
見極めていっているところです。

引き続き、ガーゼと向き合っていきます。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 14

一縫一会。5

 
【一縫一会。では ガーゼを通していただいたご縁を紹介させてもらいます】

 
ガーゼといえば、赤ちゃんや子ども用のものを連想しますが
大人用の、シンプルなデザインのものがどうしてないんだろう?と思い始めたのが
アリサラ舎をやるきっかけにもなっています。

 
そして、男女問わずガーゼ好き、肌触りのいいものを求めている人とのご縁があればいいなと思いました。

アリサラ舎のお客さまは女性の方が多いですが、男性の方もいらっしゃいます。

 
そういえば、以前、京都のカフェで期間限定販売したときや滋賀で一日イベント出店に参加したときは
圧倒的に男性の方がお買い求めくださいました。

 
大人こそ、やわらかガーゼで心までほぐして、明日への活力にしてもらえたらいいですね。

 
 
 

3月 14

長持ちするタオル作りには、縫い目がポイント。

 
ガーゼケットよりも洗濯回数が多いガーゼタオル。

何年も使っていると、ガーゼ自体は薄くなったりとくたびれ感が出てきますが、
縫い糸がほどけてくることは、ありません。

(少なくとも、わたし自身が何年も使っていて、ないのと
何年も使ってくれている方々から「ほどけてこないから丈夫ですね」という
声を聞かせてもらっていること、
そして、「ほどけてきた」という声が今のところ届かないので・・・)

 
 

この仕事をする前、市販・もらいもののタオルを使っていると
半年ほど経ったら、縫い糸がほどけてくることがよくありました。

 
特に気に入っているタオルは、洗濯回数も多くなるので、
お気に入りのタオルほど、必ずといっていいほど、ほどけてくるのです。

なんで、使い続けるたびに ほどけていくんだろう? と。

ほどけている箇所をよく見てみると
縫い目の幅が大きいことに気づき、アリサラ舎では縫い目の幅を小さくしています。

(縫い目の幅が大きいほうが、早く縫えるので時間がかからないという合理的な面もあります)
(ただアリサラ舎では大量生産はしていないので、使い続けても耐久性のあるものづくりが追求できます)

この縫い目の幅は、タオルやガーゼケットの三つ折り仕上げなど直線縫いの部分に生かされています。
どれだけ洗濯しても、何年経っても、縫い糸がほどけてこない長持ちするタオルが作れるのです。

直線縫いは、このミシンで。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/