1月 31

それぞれが、それぞれに、良い。

 
販売中の新春 福×拭く(フクフク)タオルセットの3種のタオル、
撮影後 洗濯を始めたのですが、今はふわふわに育っています。


これぐらいに育つと、吸水もしっかりと。

 
ガーゼの違いによって、手触りや質感、風合いも違いが出てきます。

それぞれが、それぞれに、いい感じ。
あなたにとっての1番が見つかれば幸いです。

 
新春 福×拭く(フクフク)タオルセットは本日(2018.1.31)夜11時までの販売です。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

1月 09

洗えばふわふわに育ちます。

 
福×拭く(フクフク)タオルセット、1回目の洗濯後です。

 
 
洗う前は ↓こんな感じでした。

ふわふわ度で比べてみると、
一番上(縁取りがモカ色)の四重ガーゼが一番ふわふわになります。

 
しっかりと吸水できるようになるまでは、洗濯がまだまだ続きます。
今日は2回目の洗濯をしました。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

11月 10

これだけふわふわに育っていれば、吸水もしっかりできる頃です。

 
アリサラ舎のガーゼ製品は素材がオーガニックコットン100%のため、
吸水できるようになるには何度も何度も事前にお洗濯が必要です。

特に吸水力が必要なバスタオルやフェイスタオル、ハンカチとして使う場合、
正直とても面倒なことです。

 
 
ですが、その手間を乗り越えると、

吸水力もよくて・ほかにないほどのやさしくて、やわらかな肌触りの布製品が
毎日の暮らしに寄り添って、何年経っても快適に過ごせるので

最初の手間がとても小さなことのように感じます。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

10月 23

ガーゼと安心できる関係に。

 
【アリサラ舎のガーゼは何年経っても気持ちよく使えるものになります。
 そのために 洗い方・干し方・手入れの仕方 を参考にしていただけたら幸いです】

 
 
 
使い始めのガーゼタオルの吸水がよくないことに不便を感じたり、
使い始めのガーゼケットの肌にまとわりつく感が嫌なこともあるかもしれません。

それは、アリサラ舎のガーゼの素材がオーガニックコットン100%だからです。

 
 
綿花は油分を含んでいます。
雨や外敵から種を守るため油分は重要な役割を果たしています。

油分を含んだ綿花は、工程で薬を使い脱脂作業をして油分を抜きます。
それが通常のコットンです。

アリサラ舎のオーガニックコットンは、
脱脂作業をせずに生地まで仕上げるので油分がそのまま残っています。
それが吸水のわるさにつながっています。

 
 
綿花の油分は、何度も何度もお洗濯していただくことで抜けていきます。
(洗濯には柔軟剤・漂白剤が入っていない洗剤や、重層、石鹸を使ってください。
水だけ、お湯だけの洗濯では油分を落とせないので何度洗っても吸水があがりません)

 
三重ガーゼでしたら、6回程度の洗濯、
四重ガーゼでしたら、10回程度でしっかり吸水するようになってきます。
(ガーゼケットは、2~3回ぐらいの洗濯で肌あたりが良くなります)

繰り返し洗ったガーゼタオルの吸水のよさはずっと続きます。
繰り返し洗ったガーゼケットの肌馴染みの良さはずっと続きます。

不便に感じていることも不安に思うこともなく、
ガーゼと安心できる関係になって、長く気持ちよくお使いいただけるものとなります。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

8月 27

「ダイヤ柄」のガーゼタオル、育っています。

 
先日紹介した「ダイヤ柄」刺しゅう入りのタオル。

その後、何度も何度もお洗濯をしていっています。

 
 
 
まだ1回も洗濯をしていない状態はこんな感じでしたが、

 
繰り返し洗濯をすると、こんな感じになります。

ガーゼの色と風合い(もこもこ感)が変わってきているのがわかるでしょうか?

 
 
比べてみますと。。。

左:洗濯していないもの 右:複数回洗濯したもの

右のものは、10回くらいは洗濯しているので、吸水もしっかりできるようになっています。

 
ガーゼの「やわらかさ」は、洗っても、洗わなくても
オーガニックコットンなので、普通のタオルと比べるととてもやわらかいです。

柔軟剤を使わず&直射日光干しを避けていただくことで、
何年経っても「やわらかさ」は続きます。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

8月 10

ソダテルタオル、色の変化が楽しみです。

 
今朝は曇っています。

左が1年以上使っているガーゼ。右が洗濯2回目のダイヤ柄を施したガーゼ。

ダイヤ柄には淡いピンク系のマーブル色を。

ガーゼが生成りから(左のように)ミルク色になった頃には、
このダイヤ柄がもっと映えるかと思います。

洗濯を繰り返していき、また追って紹介させてもらいますね。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

7月 25

今度はガーゼにアレンジ。15

 
正方形バージョンです。
涼やかな色を、と思い、ベビーブルーの縁取り×ブルー系マーブル色の葉っぱ模様。

 
 
 
左は一度も洗濯していないもの。右が何度も何度も洗ったもの。

ガーゼは洗えば洗うほど、ふんわり育ちます。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 29

お届け時のぺたんこガーゼは、洗いを繰り返すとほわほわに育ちます。

 
お届け時のガーゼは、ぺたんこです。平たいです。
洗濯を繰り返していくことで、ガーゼは育ちます。ふわふわになります。

 
 
ここまでほわほわになったら、十分育っています。

この、ほわほわを最大限感じられるのは、やっぱりガーゼケット。
体ごとすっぽり包まれて眠ると、ほんとうに安眠をもたらしてくれます。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 27

ソダテルタオル、色の変化がたまらない。

 
新しいガーゼタオルの洗濯、1回目です。 新しいガーゼ、久々です。

 
オーガニックコットンは最初は生成り色。それが天然の色だから。
洗濯を繰り返すうちに、生成りからミルク色へ。自然退色していくのです。

洗濯を干すときに一番色の変化に気づきます。
毎度ながらびっくりします。

新しいガーゼも馴染んだガーゼに少しずつ育っていく。
アリサラ舎のタオルは「ソダテルタオル」です。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 01

8重ガーゼケット、育ってきました。

 
先日紹介した実験中の8重ガーゼケット
その後順調に洗濯を繰り返し、ガーゼのふんわり感が増して育ってきました。

 
6重ガーゼである恋するガーゼケットと比べてみます。


左:恋するガーゼケット(6重ガーゼケット) 右:8重ガーゼケット

四重ガーゼはヨコ糸に太さを持たせているので
二枚合わせて8重ガーゼにすると、ぐっと厚みが出てきます。

 
 
これから暑くなってくる季節、
快適さがどのように変化するのか引き続き見守っていきたいと思います。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/