3月 19

写真でみる最薄ガーゼと最厚ガーゼ。

 
先日、「アリサラ舎ガーゼの厚みの違い」をお伝えしましたが、
きょうは最も薄手のガーゼと最も厚手のガーゼを並べてみました。

 
 
左:四重ガーゼ 重厚仕上がり(綿100%) 右:三重ガーゼ 極上仕上がり(オーガニックコットン100%)
どちらも何度か洗った状態です。

右は、一般的に売られているガーゼタオルと同じような厚みです。
左の、ガーゼでは珍しいほどのボリューム感、伝わりますでしょうか。

 
 
 
最厚手の四重ガーゼ 重厚仕上がりは、
未発売の綿100%のものと販売中のオーガニックコットン100%のものとがあります。
並べてみました。

 
左:綿100% 右:オーガニックコットン100%
どちらも何度か洗っています。

厚みの差はほとんどないものの、
左の綿100%のほうが、右のオーガニックコットン100%に比べて
(洗濯していくと出てくる)縦じわ感が弱いので、その分ふんわり感が多少増しているかもしれません。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

2月 22

名入れ刺繍、グレー系人気色。

 
上から、シルバー・ライトグレー・ウォームグレー。

アリサラ舎の名入れ刺繍 グレー系人気色

ガーゼは洗濯していくうちに自然退色していきますので
色は、生成りからミルク色へと変わっていきます。

ミルク色のガーゼ×グレー系の名入れ、
上品な雰囲気に仕上がり、すごく合う組み合わせです。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

2月 14

新作の6重ガーゼタオルを検証。

 
毎日タオルで使っている「三重ガーゼ」は
一般的に販売されているガーゼに近く、アリサラ舎ガーゼのなかで最もガーゼらしいガーゼです。

この「三重ガーゼ」を二枚重ねにした「6重ガーゼタオル」を作ってみました。

 
 
きっかけは、
「重厚仕上がりの四重ガーゼ」で作ったイロトリドリタオル
ガーゼにしては珍しいほどの厚みのあるガーゼタオルの使い心地が、想像以上によかったからです。

ほかのガーゼで厚みのあるガーゼタオルを作ってみよう、と。

新作の6重ガーゼタオル(三重ガーゼを二枚合わせ)

ただ二枚重ねにするだけでは、拭いたときに
二枚のガーゼにズレが生じて、それが拭きづらさにつながります。

今回はズレ防止に、模様刺繍で二枚のガーゼを縫い合わせてみました。

 
 
 
 
三重ガーゼタオル(アリサラ舎製品では毎日タオル)よりも
ガーゼのふんわり感は少なくなりますが、その代わりに「しっかり感」が出てきます。

「しっかり感」は、弾力のない柔らかさから、弾力のある柔らかさへ。
タオルを使ううえでの「頼もしさ」につながっていくのです。

模様刺繍のおかげで、ガーゼ同士のズレも感じることがないので
ストレスなく しっかりと、手が拭けます。

 
 
 
新春 福×拭くタオルセットの三重ガーゼタオル(右)と並べてみました。

6重ガーゼタオルは、三重ガーゼタオルとはまた違った風合いに育ち、
そしてまた違った使い心地になりました。

またひとつ、好きなガーゼが増えたような心持ちがします。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

10月 16

虹色の糸、どっちが好き? 3

 
(つづき)

虹色の新色との比較です。
葉っぱ模様の刺しゅうダイヤ柄の刺しゅうにつづき、今回は名入れです。

上:虹色 下:新色

名入れ刺しゅうは、上の従来の虹色のほうが文字が綺麗に出てきます。

 
 
一方で前回までの模様刺しゅうでは、
虹色とはまた違った新色の色味の濃さが生かせているかなと思います。
 

以上、虹色の新色の比較検証でした。

ご注文時、通信欄で「虹色 新色で」とお伝えいただけたら対応可能です。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

10月 14

虹色の糸、どっちが好き? 2

 
(つづき)

虹色の新色との比較です。
昨日は葉っぱ模様の刺しゅうでしたが、今日は違う模様で。

ダイヤ柄です。 左:新色 右:虹色

葉っぱ模様の時よりも、新色の色味の強さがでています。

次回は名入れ刺しゅうで比較してみます。

 
(つづく)

10月 13

虹色の糸、どっちが好き?

 
以前、新色を見つけたということで紹介した色
似ている虹色とを葉っぱ模様の刺しゅうで比較してみます。

左:新色 右:虹色

右側の虹色のほうがやさしい色味の展開ですね。

次回は違う模様刺しゅう、名入れ刺しゅうで比較してみたいと思います。

 
(つづく)