直射日光でガーゼを干すとどうなる?

干し方の違いってどの程度変わってくるのだろう?
実感したくて、「直射日光干し」と「陰干し」の洗濯実験をしてみました

今回使用したのは、マクラマキガーゼ
オーガニックコットン100%の四重ガーゼ重厚仕上がり(アリサラ舎オリジナルガーゼ)です

初洗いから一か月半 ほぼ毎日洗ったので洗濯回数は40回ぐらいになりました

 
左:陰干し 右:直射日光干し

陰干しのほうがキナリ色が残り、直射日光干しは白に変わってます
(陰干しが白に変わるまでは通常半年くらいかかります)

 
じつは直射日光干し、初洗いした日に早くもキナリ色が薄らぎ…

3回目の洗濯ではっきりとした色の違いが出てました

 
明るいところだと色の違いが感じにくいですね…

どちらもやわらかいですが手触りに違いが出てます

直射日光干しにはパサついた感じがありますが、陰干しにはそれがありません

 
<直射日光干しのまとめ>
・ガーゼの色が変わるのが早い
・続けると手触りがパサつく

 シャリ感の刺激のあるほうを求める方に直射日光干しは向いていると言えそうです

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 毛羽と毛玉の違い

  2. 消耗品交換/洗濯機のゴミ取りネット

  3. おろしたてガーゼの毛羽落ち対策

  4. いつの間にか、糸が出てきたら

  5. 毎週金曜は発送の日

  6. 2020年もガーゼケットで良い眠り。

  7. 名刺作りはまるで図画工作

  8. ミシンの見守り隊

  9. オーガニックコットンガーゼ

    乾きやすさから選ぶ、三つ折り or 縁取り仕上げ

ガーゼケット工房 アリサラ舎



やわらかなものに ふれると
肌も気持ちも、やわらぐ。



アリサラ舎の思いを伝えるため、

布からオリジナルの
特別なガーゼでつくる、

唯一無二のやわらかガーゼケット。




「ガーゼケットは
1年中使える 寝具です」


1年365日、
心地いいガーゼ生活をお届けします。





作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。

最新情報はツイッターで更新中

わたしにとってのガーゼケット

PAGE TOP