【番外編】日記 2020.8.31

午前8時を過ぎすでに35度超え。いやぁ、最後の最後の日まで暑かった8月でした。

洗濯ものを干すベランダが東南を向きなので午前中の日差しはものすごい。強烈な直射日光を避けようと昼過ぎから干すときもありますが、朝から干すときガーゼタオルには上からさらに別布をかぶせています。

ガーゼケットは夕方からの洗濯でも十分乾くのでうれしい。


毎晩愛用している安眠ガーゼケット。全身すっぽり覆っているより、夏は首とお腹にだけ掛けて寝ることが多い。


犬模様とギザギザ模様の組合せ。癒されます。

明日から9月。
ホームページからのご注文制作やふるさと納税の制作以外に、もっと自由にものづくりしていこうと思ってます。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. よいお年を

  2. 【番外編】きょうの夕日。

  3. 【番外編】きょうの朝焼け。

  4. 【番外編】ガーゼケットのお直し/つれづれ制作後記。3

  5. 全国47都道府県と海外にも

  6. 【番外編】糸の収納

  7. 【番外編】近頃の…手作り封筒にも清涼感

  8. 【番外編】きょうの夕日。

  9. 【番外編】きょうの夕焼け。

ガーゼケット工房 アリサラ舎



やわらかなものに ふれると
肌も気持ちも、やわらぐ。



アリサラ舎の思いを伝えるため、

布からオリジナルの
特別なガーゼでつくる、

唯一無二のやわらかガーゼケット。




「ガーゼケットは
1年中使える 寝具です」


1年365日、
心地いいガーゼ生活をお届けします。





作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。

最新情報はツイッターで更新中

わたしにとってのガーゼケット

PAGE TOP