アリサラ舎ガーゼケット

NO GAUZE-KET NO LIFE.

ガーゼケットを使うようになって6年が経ちました。

最初は恋するガーゼケットからはじまり、そのあとに安眠ガーゼケット、つづいてふかふかガーゼケットへと必要に応じて足していき、いまはこの3種類に定着しています。

どのガーゼケットも大きな違いはないけども、長く使いつづけるからこそ気づく違いの大きさがそこにはあると思います。

ガーゼケットに全身包まれて眠るのはもちろんのこと、敷いてシーツとして使ったり。顔まわり~肩にふんわり掛ければ最強の防寒対策に。

またソファーでくつろぐお供になり、ときにはガーゼのやわらかさに心身癒される時間にもなります。

ガーゼケット無しではもういられない。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. ガーゼケットとは

  2. 京都の底冷えにも、ガーゼケット

  3. 冬もガーゼケット使いで、最強の寒さ対策

  4. 敷きガーゼケットで、あったか対策

  5. 【ガーゼタオルの選び方】三重ガーゼは赤ちゃん・子どもに、四重ガーゼは大人に

  6. 12月、冬のガーゼケット使い

  7. 【ガーゼケット生活】12月、真冬のガーゼケット使い

  8. ロングサイズのガーゼケット、シーツ使いに

  9. アリサラ舎ガーゼケット

    梅雨のガーゼケット洗濯事情

2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アリサラ舎製品について

高阪(こうさか)が作っています。

~やわらかなものにふれると、
肌も気持ちも、やわらいでいく~
を大切に、高阪が開発したオリジナルの「やわらかガーゼ」がアリサラ舎にはあります。


寝るときはガーゼケット
起きてからガーゼタオル


1年365日、
心地よいガーゼ生活を届けています。



作り手のわたし自身が使い手でもあり、
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど、
どうぞお気軽にお問合せください。↓↓
アリサラ舎へのお問合せ画面へ
PAGE TOP