朝晩冷える秋の、ガーゼケット使い。

半袖だったパジャマも長袖になり、秋口までのようにガーゼケットだけでは寒くなってきました。
そんな時季にはガーゼケットは手持ちの寝具と併用します。わたしの場合は毛布と。

肌に近い部分にガーゼケット、その上に毛布です。

肌寒くなるこの季節だからこそ、オーガニックコットンのガーゼケットだからこそ味わえるぬくぬくのぬくもりに包まれて眠ります。

 
夏のあいだ活躍したガーゼケットが冬でも使えるのは素材がオーガニックコットン100%だからこそ。

ガーゼケットなら冬はあたたかいというわけではありません。オーガニックコットンの表示があっても100%でないものも多いです。

冬もガーゼケットを使うときはオーガニックコットン100%という素材をポイントに選んでみてくださいね。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. ガーゼケットとは

  2. やわらかな肌触りが大好きな方には、恋するガーゼケット

  3. 顔まわりのふんわり掛けガーゼで、今冬も風邪ひかず

  4. 昨夜のガーゼケット使い

  5. NO GAUZE-KET NO LIFE.

  6. 2020年もガーゼケットで良い眠り。

  7. アリサラ舎ガーゼケット

    梅雨のガーゼケット使い

  8. 京都の底冷えにも、ガーゼケット

  9. 【ガーゼケットのある暮らし】12月、真冬のガーゼケット使い

わたしにとってのガーゼケット

滋賀県ふるさと納税で購入

PAGE TOP