「新しい」ガーゼタオルはどれ?

アリサラ舎のオーガニックコットンのガーゼは、
漂白や染色をしていないので、最初は生成り(きなり)色をしています。

この生成り色は、天然がもつ、そのままの色。
ナチュラル感たっぷりでやさしい色味です。

オーガニックコットンのため色落ち防止もしていないので、
洗濯などの日常使いによって、生成り色は自然退色(色褪せ)していき、
ミルク色のようなやわらかい白へと変わっていきます。
ほぼ毎日洗濯していっても、数か月くらいはかかるでしょうか。

 

今朝の洗濯では洗濯1回目のガーゼがありました。
さて、どれか?

乾いたときよりも、干すときのように濡れてる状態のほうが色濃くなりますが、
光の加減によって生成り色が薄らいでみえますね…
(実際はもう少し濃いめの生成り色をしています)

 

正解はこちら。


丸で囲んだガーゼ以外は、
もう数か月以上、数年以上使っているので、ガーゼの色の違いがわかりますでしょうか。

洗えば洗うほど、ガーゼは育ちます。
色も、肌触りも、風合いも、見た目も、ますます心地よくなっていきますので、
気軽にどんどん洗濯機で洗っていってください。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年、アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 模様刺繍、洗えば洗うほど映える。

  2. 洗えば洗うほど、生成りから白に

  3. 二枚重ねは、さらにうっとり

  4. 洗えば洗うほど、良いことだらけ

  5. 洗濯後のアリサラ舎ガーゼタオル

    洗えば洗うほど ふわふわに育つ。

  6. オーガニックコットンは色も育つ

  7. 洗えば洗うほど、色が変わる

  8. 厚みのあるガーゼ、ここにあります

  9. 洗えば洗うほど、もこもこに育つ。

最新情報はツイッターで更新中

PAGE TOP