愛でる、ガーゼケット

きょうは朝からしっかり晴れ渡っています。
布団をあげるとき、ちょうど朝日が差し込んでくるのですが、
無地のガーゼケットでも光の具合でいろんな表情に様変わり。

肌触りのよさだけじゃなく、
暖かさの恩恵だけじゃなく、
ガーゼケットは見るだけでもほっこりとするのです。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 2020年もガーゼケットで良い眠り。

  2. 【ガーゼケットのある暮らし】12月、真冬のガーゼケット使い

  3. 冬もガーゼケット使いで、最強の寒さ対策

  4. 敷きガーゼケットで、あったか対策

  5. 【番外編】日記 2021.1.12

  6. 秋のガーゼケット使い。

  7. 朝晩冷える秋の、ガーゼケット使い。

  8. この夏も、ガーゼケットが大活躍でした

  9. 顔まわりのふんわり掛けガーゼで、今冬も風邪ひかず

ガーゼケット工房 アリサラ舎



やわらかなものに ふれると
肌も気持ちも、やわらぐ。



アリサラ舎の思いを伝えるため、

布からオリジナルの
特別なガーゼでつくる、

唯一無二のやわらかガーゼケット。




「ガーゼケットは
1年中使える 寝具です」


1年365日、
心地いいガーゼ生活をお届けします。





作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。

最新情報はツイッターで更新中

わたしにとってのガーゼケット

PAGE TOP