【番外編…日記】ガーゼのふんわり感、いやされる

ガーゼのふんわり感は畳んだ洗濯物を目にするだけで、なんだか癒される。

アリサラ舎

アリサラ舎:高阪知美
2006年 アリサラ舎を立ち上げる。
ほっとするような肌触りのオーガニックコットンから、ガーゼケットを制作し自社サイトで販売してます。

関連記事

  1. 【番外編】きょうの夕日。

  2. 【番外編】アリサラ舎高阪の、つれづれ制作後記。1

  3. 【番外編】近頃の…ブランケットにも清涼感

  4. よいお年を

  5. 【番外編…日記】白と青で、すっきりとした爽やかさ

  6. 【番外編】近頃の…気になるボタニカル

  7. 【番外編…日記】パジャマのズボン、ゴム入れ替え

  8. 【番外編】ミシンの手入れ

  9. 【番外編】名入れ刺繍は

ガーゼケット工房 アリサラ舎



やわらかなものに ふれると
肌も気持ちも、やわらぐ。



アリサラ舎の思いを伝えるため、

布からオリジナルの
特別なガーゼでつくる、

唯一無二のやわらかガーゼケット。




「ガーゼケットは
1年中使える 寝具です」


1年365日、
心地いいガーゼ生活をお届けします。





作り手のわたし自身が使い手でもあり
1年365日、毎日使っていますので、
ガーゼのこと、使い勝手のことなど
どうぞお気軽にお問合せください。

最新情報はツイッターで更新中

わたしにとってのガーゼケット

PAGE TOP