アーカイブ:2019年 1月

  1. 端まで、やわらかい

    洗えば洗うほど、肌触りも育つガーゼ。お届け時からずっと続く「やわらかさ」と、育ったガーゼの「肌触りのよさ」が掛け合わさることで、オーガニックコットンガーゼはとても気持ちのいい使い心地となります。端まで、ひしひしと伝わるやわらかな肌触り。まさに。

    続きを読む
  2. やわらかな肌触りが大好きな方には、恋するガーゼケット

    アリサラ舎の4種類のガーゼのなかで、やわらかさを最も深く強く実感できるガーゼが「三重ガーゼ極上仕上がり」。このガーゼの柔らかさはいちばん繊細なので、やわらかさを最大限感じることができるのです。指先がふれるだけで思わずドキドキしてしまうほど。

    続きを読む
  3. 全国47都道府県と海外にも

    アリサラ舎をはじめて10年ほど経ったころ、ガーゼ製品を全国すべての都道府県の方にお届けすることができました。なかでも圧倒的に多いのは、東京・神奈川・愛知・大阪の方でしょうか。たまに海外の方にもお届けすることがあります。

    続きを読む
  4. 敷きガーゼケットで、あったか対策

    真冬は特に敷き毛布ならぬ、敷きガーゼケットで眠られる方も多いです。冬の敷きガーゼケットで使いやすいのは、ふかふかガーゼケット(旧名:安眠ガーゼケット 重厚仕上がり)で、長さが250cmのロングサイズが最適です。暖かく、肌触りよく、適度に厚みもあって、しかも洗濯しやすい。

    続きを読む
  5. 番外編…きょうの朝焼け。

    各地でこの冬一番の冷え込みとなった今朝。朝焼けがきれいでした。日中はずっと曇天だったので、朝のこの数分だけが唯一明るい空となりました。

    続きを読む
  6. トーンの違う3色ベージュで、品よく、味わい深く

    先日のおそうじタオルから。モカ色の縁取りに、ゴールドの葉っぱ模様とミルクティ色の名入れ刺繍(日付)を合わせました。この3色はとても相性がいい。1色で合わせるよりも色に深みが出て、上品で味わい深い雰囲気に仕上がります。

    続きを読む
  7. ガーゼタオルが初めての方には、四重ガーゼ

    ガーゼタオルを使ったことがない方には「四重ガーゼ」がおすすめです。一般的なガーゼらしい薄手のガーゼタオルよりも、ガーゼらしからぬ厚みのあるガーゼタオルのほうが、パイル地タオルに慣れた方でも抵抗なく使いやすいからです。

    続きを読む
  8. 名入れ刺繍は

    名入れ刺繍はこんな感じで縫っています。文字をまっすぐ縫うためには、添えている指先のわずかな力加減が必要。縫ったあとの文字はつながっているので、余分なところはこのあと手作業で切っていきます。数字以外に、ひらがな、アルファベット大文字が名入れできます。

    続きを読む
  9. 白と青をテーマに、試作中

    白と青を使ったガーゼタオルを試作中です。すっきりとした爽やかさ、を目指します。

    続きを読む
  10. 元旦の目覚めも、ガーゼに包まれて

    1日の朝も目が覚めたらガーゼに包まれていました。ボタニカルの模様も、模様のグリーン系のグラデーション色も、ガーゼ以上にやさしい雰囲気があって気持ちがやわらぎます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る