12月 06

播州織を残していく一助でありたい。

 
アリサラ舎のガーゼ生地を織ってくれている兵庫県にある機屋(はたや)さんに行ってから
今日で2週間が経ちました。

 
 
兵庫の西脇市を中心とした北播磨地域で織られる織物を「播州織」というのですが、
アリサラ舎のガーゼも播州織です。

生地に仕上がるまでの生産工程は素材がオーガニックコットン100%なので
通常の工程とは違っています。

 
たとえば染色や風合い加工、機能性加工の処理などがありません。
それらは化学薬品を使うからです。

アリサラ舎のガーゼ生地は、糸がオーガニックコットン100%というだけでなく
生地にするまでの各工程でも使うものが厳選されています。

 
そのような工程で作られた播州織のオーガニックコットンガーゼがアリサラ舎製品なのです。
 
 
 
ただ、先日伺って直接耳にしたのですが、
ここ数年でも、ますます、播州織の機屋さんが廃業されているとのこと。

実りのある話しでないだけに、日にちが経っても胸がつまる思いでほんとうに心苦しいです。

 
 
 
 
そんななか、わたしにできることはアリサラ舎として
ガーゼ製品を作って、使いたいと思ってくれる方に届けていくこと。

自分にできることを、毎日ひたすら地道に、これからも熱い思いで続けていくだけです。


ガーゼをさわると、オーガニックコットンのやさしい肌触りとともに
機屋さんたちのことを思いだして、じんわりとあたたかい気持ちになります。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

11月 24

人も機械も大好き。

 
工場内にはたくさんの織機(しょっき)がありますが、
いつもこの織機で、アリサラ舎のガーゼ生地は織られます。

普段、制作が終わるとミシンをなでるように
いつもありがとうの気持ちをこめて織機にさわってきました。

 
 
来週からはまた制作の日々。
ガーゼと向き合いながら、ものづくりしていきます。

 
 
 

11月 22

機屋(はたや)さんに行ってきました。

 
今週は制作を休んで、普段できない大切なことをしていっています。

きょうはアリサラ舎のガーゼ生地を織ってくださっている
機屋(はたや)さんに行ってきました。 兵庫・播州地域にあります。

 
 
社長さんをはじめ、事務の方々、織機(しょっき)を動かしてくれている現場の方々、
生地の生産管理をしてくださっている方。

アリサラ舎のガーゼ生地に携わっている方々にお会いしてきました。

 
 
一人ひとりに(いつもありがとうございます)とお礼を直接伝えることができたこと。
本当にうれしかったです。

目の前にいる大切な人々の思いが重なったガーゼ生地を製品にして
これからもただただ地道にわたしはアリサラ舎をやっていきます。

そんな思いを胸に滋賀に帰ってきました。