12月 07

冬の洗濯、低温度・低湿度時の乾き具合。

 
今日の滋賀南部は外気最高10度くらい。

朝、洗濯して干したガーゼタオルは6~7時間後、すっきり乾いています。
乾ききっていない匂いも全くなし。

取り込んでから、エアコンの風にあてること5~10分。
冷えたタオルが温まってから、畳んで棚へ。

15時台には大小のガーゼタオルがすっきり片づけ終了です。

 
ちなみに綿100のTシャツはこの時点でまだ乾ききってない匂いがしています。
枚数があるタオル類がすっきりと乾いてくれることが本当に助かります。

12月 05

冬の羽毛布団を手放したその後。

 
経年による買い替えのために先に手放した冬の羽毛布団。
実験的に布団なしの生活を送ってみたのが昨年です。

それまで、
 安眠ガーゼケット+化繊の毛布+化繊の毛布+羽毛布団
だったのが、
 安眠ガーゼケット恋するガーゼケット+化繊の毛布+化繊の毛布
にしてみました。

 
<追記>
 ・布団のとき、安眠ガーゼケットは全身掛けするよりも顔まわりのふんわり掛けとして
  使うことが多かったです

 ・布団なしになると、ガーゼケットは二枚とも全身掛けして使っています
  一枚は250cmサイズのものなので、全身掛けしつつ顔まわりのふんわり掛けも兼ねています

 ・化繊の毛布は時期によって一枚使いのことも。
  化繊の毛布がいいから使っているというより、親からの贈りものなので使い続けている感じです

 ・アリサラ舎製品ご使用の方は、真冬でも「ガーゼケット+羽毛布団」が多いです

 
 
布団なしの生活は初めてでしたので、
寒さに耐えられなかったら布団を買おうと思っていましたが、いつの間にか春を迎えました。

布団なしで冬を越せたのです。 就寝時、部屋のエアコンなどの暖房もなしです。

 
 
布団の管理がなくなると、普段の暮らしがぐっと身軽になります。
羽毛布団の買い替えは見送ったまま、今年も本格的な冬を迎えたところです。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 04

室内干しの人にこそガーゼタオル。

 
アリサラ舎製品をお使いの方のなかには、
寒い地域にお住いの方もいらっしゃいます。

 
冬のあいだは基本ずっと部屋干し。
タオルの乾きがわるいと、部屋干しの量が増えて家中洗濯ものだらけになる。

ガーゼタオルを使い始めてからは、
乾きがいいので、干す量も減ってタオルを持つ枚数が少なくて済むようになった、とのこと。

 
 
乾きがいい点だけをみると、
ガーゼタオルであるなら素材がオーガニックコットンでなくてもよさそうです。

綿100やリネンのガーゼタオルでも。

 
早く乾くうえに、ガーゼのやさしい風合いや肌触りのやわらかさを楽しめるのが
アリサラ舎のオーガニックコットン100%のガーゼタオルです。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

11月 09

【ガーゼのある暮らし】ガーゼタオルのやわらかさ。

 
風があったので、いつもより早く乾きました。

乾いたガーゼタオルを取り込むときも。
畳むときも。その肌触りがやわらかくて、いちいち気持ちいい。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

10月 17

【ガーゼのある暮らし】肌寒くなった今、ガーゼケットの季節です。

 
夏のガーゼケットよりも秋冬春のガーゼケットのほうが断然好きです。

ふわふわのガーゼケットを顔まわりにふんわり掛けて、首から肩もふんわり包む。

眠るときには、ガーゼのぬくもりと肌触りの良さで(ほえ~)となり、
目が覚めたときには、ぬくもりと肌触りの良さに包まれていることにまた(ほえ~)となります。

あたたかいのは、オーガニックコットンだからこそ。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

9月 06

【ガーゼのある暮らし】ガーゼケットをシーツ替わりに。

 
朝晩涼しくなってきたので、ガーゼケットをシーツ替わりにして
寝るようになりました。

寝入るときも、目が覚めるときも、ガーゼケットのふわふわが気持ちいい。
きっと、寝ているときも。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

6月 28

【ガーゼのある暮らし】梅雨でもさっぱりと乾くガーゼタオル。

 
本格的な梅雨空の日々になってきました。

そんななか、洗濯して朝干して夕方取り込むとき、
ふつうのパイルタオルだと少し湿っているなという時でも、ガーゼタオルなら中までしっかりと乾いています。

くんくん匂っても、いやな臭いがまったくしない。
「臭わない&湿っていない」というのは梅雨どきこそ本当にありがたいです。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

6月 26

晴天より曇天がガーゼケット洗濯日和。

 
オーガニックコットンは直射日光干しを続けてしまうと、
生地が傷んで、ごわごわした感触になってしまいます。

 
オーガニックコットンならではのやわらかさを保つには、断然「陰干し」です。

そうすれば、
柔軟剤を一切使わなくても、何年経ってもやわらかさが続きます。

 
 
 
 
雨は降らないけど、太陽が出てこない曇天には
ガーゼケットの洗濯をしています。

取り込んだばかりのガーゼケットに包まれるのも、また至福の時です。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

6月 23

寝ても起きてもガーゼケット。

 
いまの季節。
ガーゼケット一枚掛け or 二枚掛けで調節しながら寝ています。

起きてからも、ソファでくつろぐ時にはお腹や膝上にガーゼケット。
クッション替わりにしています。

こうしていると、不思議と安心感あって好きなんですよね。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 29

お届け時のぺたんこガーゼは、洗いを繰り返すとほわほわに育ちます。

 
お届け時のガーゼは、ぺたんこです。平たいです。
洗濯を繰り返していくことで、ガーゼは育ちます。ふわふわになります。

 
 
ここまでほわほわになったら、十分育っています。

この、ほわほわを最大限感じられるのは、やっぱりガーゼケット。
体ごとすっぽり包まれて眠ると、ほんとうに安眠をもたらしてくれます。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/