5月 27

ソダテルタオル、色の変化がたまらない。

 
新しいガーゼタオルの洗濯、1回目です。 新しいガーゼ、久々です。

 
オーガニックコットンは最初は生成り色。それが天然の色だから。
洗濯を繰り返すうちに、生成りからミルク色へ。自然退色していくのです。

洗濯を干すときに一番色の変化に気づきます。
毎度ながらびっくりします。

新しいガーゼも馴染んだガーゼに少しずつ育っていく。
アリサラ舎のタオルは「ソダテルタオル」です。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 23

ふた無し箱ラッピングは「やわらかい、きちんと感」。

 
ふた付きの箱に比べて、ふた無し箱ラッピングは
きっちりし過ぎない、やわらかい雰囲気のきちんと感があります。

箱にふたはありませんが、透明のハリのある包装紙で箱を覆うので
なかのものが外にこぼれることはありません。

 
透明の包装紙のままだと、なかのものがそのまま見えてしまうので
うえにトレーシングペーパーを掛けています。

 
トレーシングペーパーが
すりガラスのような、見えそうで適度に見えない透け感に。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 19

【ガーゼのある暮らし】恋するガーゼケット。

 
恋するガーゼケットは、指先から伝わる繊細なやさしい肌ざわりが特徴です。

 
冬は暖かくて、夏は涼しい。 安眠ガーゼケットと同様、一年中使えます。
タオルケットと比べて、断然乾きも早くて軽いので、気軽に洗濯できるのです。

 
 
特にやわらかい肌ざわりが好きな人、ガーゼ大好きな人に届けたいガーゼケット。
それが恋するガーゼケットになります。

繊細なほどのやわらかさに包まれて眠りに就くのは、ほんとうに至福の時間です。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 16

グラシン紙にも縫います。2

 
今日、グラデーションのミシン糸、新色を見つけてきました。

虹色と似ていますが、こちらのほうが色が濃そうです。
どんな違いがあるのか、また報告させてもらいますね。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/