アリサラ舎のものづくりは なぜガーゼタオル?

 
なぜタオルを作り始めたのか?

それは自分の生き方、暮らし方と関係があります。

 
 
10数年前、シンプルライフ・ロハスという言葉が出始めたころ
わたし自身もたくさん抱えていた生活から、削ぎ落とす生活へと変えていったのです。
(ちょうどアリサラ舎を始める頃と前後します)

 
生きていくのに、生活していくのに 本当に必要なものだけ手元に残して
それ以外の不要なものは手放していく。

そんななか、手元に残ったものにはお気に入りのタオルがありました。

 
タオルは食べることと同じくらい、生きていくために必要なもの。

たとえば枕カバーや防寒に タオルで代用することはあっても、
タオルに代わるものは他にないな、と。

自分自身がシンプルライフを送るなかで、
自分が作って販売するものも、人にとっても本当に必要なものにしたい。

 
そんな思いから、タオルづくりを始めました。

ガーゼの素材にしたのは、
わたしがやわらかい肌触りのものが好きだったことと、

世の中には赤ちゃんや子ども用のガーゼ製品はたくさんあふれているのに、
大人用のものがないと思ったからです。

 
やわらかガーゼを追及していくうちに、オーガニックコットンガーゼに出会いました。
そしていま、アリサラ舎では4種類のオリジナルのオーガニックコットンガーゼを展開しています。

 
そして、そしてさらに。
“やわらかガーゼ” を探し求めていくなか、機織(はたおり)さんたちのおかげで新しいガーゼとの出会いがありました。

もう少し時間をかけて試作&試用してみて、腑に落ちた時点でこの5種類目の新ガーゼをお披露目したいと思います。

 
 
 
生活に必要なだけのタオルではありますが、
ガーゼとともにやわらかな日々を送っていただけますように。

今日も明日もあさってからも、わたしは
誰にとっても、生きていくために必要なタオルを
やわらかガーゼのタオルたちを、これからもここ滋賀で地道に作っていきます。

 
 
 

Comments are closed.