晴天より曇天がガーゼケット洗濯日和。

 
オーガニックコットンは直射日光干しを続けてしまうと、
生地が傷んで、ごわごわした感触になってしまいます。

 
オーガニックコットンならではのやわらかさを保つには、断然「陰干し」です。

そうすれば、
柔軟剤を一切使わなくても、何年経ってもやわらかさが続きます。

 
 
 
 
雨は降らないけど、太陽が出てこない曇天には
ガーゼケットの洗濯をしています。

取り込んだばかりのガーゼケットに包まれるのも、また至福の時です。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

Comments are closed.