5月 31

ときどき手縫いもします。

 
制作はミシンで縫って仕上げますが、一部は手縫いをすることもあります。
四重ガーゼの安眠ガーゼケット(重厚仕上がりも)の「縁取り仕上げ」です。


端をふさぐため四角を手縫いで仕上げています。

ミシン縫いでふさいでいたこともあったのですが、
手縫いのほうが見栄えがよかったので変えました。

 
 
このようにしているのには理由が2つあります。

ガーゼケットはタオルやバスタオルと違って、折り返し幅が広いので
端っこからゴミなど小さな異物が入ってしまわないようにするためと、

四角がへたらないようにするためです。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 29

お届け時のぺたんこガーゼは、洗いを繰り返すとほわほわに育ちます。

 
お届け時のガーゼは、ぺたんこです。平たいです。
洗濯を繰り返していくことで、ガーゼは育ちます。ふわふわになります。

 
 
ここまでほわほわになったら、十分育っています。

この、ほわほわを最大限感じられるのは、やっぱりガーゼケット。
体ごとすっぽり包まれて眠ると、ほんとうに安眠をもたらしてくれます。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 27

ソダテルタオル、色の変化がたまらない。

 
新しいガーゼタオルの洗濯、1回目です。 新しいガーゼ、久々です。

 
オーガニックコットンは最初は生成り色。それが天然の色だから。
洗濯を繰り返すうちに、生成りからミルク色へ。自然退色していくのです。

洗濯を干すときに一番色の変化に気づきます。
毎度ながらびっくりします。

新しいガーゼも馴染んだガーゼに少しずつ育っていく。
アリサラ舎のタオルは「ソダテルタオル」です。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 23

ふた無し箱ラッピングは「やわらかい、きちんと感」。

 
ふた付きの箱に比べて、ふた無し箱ラッピングは
きっちりし過ぎない、やわらかい雰囲気のきちんと感があります。

箱にふたはありませんが、透明のハリのある包装紙で箱を覆うので
なかのものが外にこぼれることはありません。

 
透明の包装紙のままだと、なかのものがそのまま見えてしまうので
うえにトレーシングペーパーを掛けています。

 
トレーシングペーパーが
すりガラスのような、見えそうで適度に見えない透け感に。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 19

【ガーゼのある暮らし】恋するガーゼケット。

 
恋するガーゼケットは、指先から伝わる繊細なやさしい肌ざわりが特徴です。

 
冬は暖かくて、夏は涼しい。 安眠ガーゼケットと同様、一年中使えます。
タオルケットと比べて、断然乾きも早くて軽いので、気軽に洗濯できるのです。

 
 
特にやわらかい肌ざわりが好きな人、ガーゼ大好きな人に届けたいガーゼケット。
それが恋するガーゼケットになります。

繊細なほどのやわらかさに包まれて眠りに就くのは、ほんとうに至福の時間です。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/