6月 26

晴天より曇天がガーゼケット洗濯日和。

 
オーガニックコットンは直射日光干しを続けてしまうと、
生地が傷んで、ごわごわした感触になってしまいます。

 
オーガニックコットンならではのやわらかさを保つには、断然「陰干し」です。

そうすれば、
柔軟剤を一切使わなくても、何年経ってもやわらかさが続きます。

 
 
 
 
雨は降らないけど、太陽が出てこない曇天には
ガーゼケットの洗濯をしています。

取り込んだばかりのガーゼケットに包まれるのも、また至福の時です。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

6月 23

寝ても起きてもガーゼケット。

 
いまの季節。
ガーゼケット一枚掛け or 二枚掛けで調節しながら寝ています。

起きてからも、ソファでくつろぐ時にはお腹や膝上にガーゼケット。
クッション替わりにしています。

こうしていると、不思議と安心感あって好きなんですよね。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 29

お届け時のぺたんこガーゼは、洗いを繰り返すとほわほわに育ちます。

 
お届け時のガーゼは、ぺたんこです。平たいです。
洗濯を繰り返していくことで、ガーゼは育ちます。ふわふわになります。

 
 
ここまでほわほわになったら、十分育っています。

この、ほわほわを最大限感じられるのは、やっぱりガーゼケット。
体ごとすっぽり包まれて眠ると、ほんとうに安眠をもたらしてくれます。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 19

【ガーゼのある暮らし】恋するガーゼケット。

 
恋するガーゼケットは、指先から伝わる繊細なやさしい肌ざわりが特徴です。

 
冬は暖かくて、夏は涼しい。 安眠ガーゼケットと同様、一年中使えます。
タオルケットと比べて、断然乾きも早くて軽いので、気軽に洗濯できるのです。

 
 
特にやわらかい肌ざわりが好きな人、ガーゼ大好きな人に届けたいガーゼケット。
それが恋するガーゼケットになります。

繊細なほどのやわらかさに包まれて眠りに就くのは、ほんとうに至福の時間です。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 11

【ガーゼのある暮らし】重厚仕上がりの安眠ガーゼケット。

 
四重ガーゼの安眠ガーゼケットは、軽いタイプと重いタイプがあります。

ガーゼケットはタオルケットと比べて軽いのですが、
そんなガーゼケットでも、適度に重みがあったほうがいいという声に対応して
重厚仕上がりの安眠ガーゼケット」を用意しています。

 
 
 
畳の部屋にいつもスタンバイ。

制作に疲れたら、ガーゼケットに包まれてひと休みします。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

4月 21

タオルケットより、断然ガーゼケット派。

 
タオルケットは年中使えるものではないけど、
ガーゼケットは年中使える。 夏は涼しく、冬は暖かい。

 
洗濯して干すとき、
水分を含んだタオルケットは重くて干すのに気合いがいるけど、
ガーゼケットは軽やかなので気楽に干せる。 だから、気軽に洗濯をしようって気になる。

 
しかも。
タオルケットの半分もかからない時間で
ガーゼケットは乾いてしまう。 だから、マメに洗濯できる。

 
何度も何度も洗濯していくと、
タオルケットはだんだんとごわごわしてくるけど、
ガーゼケットは、オーガニックコットンのものは、何度洗っても洗ってもやわらかさが続く。

 
しかも。
柔軟剤は必要ない。 生活に必要なものが一つ減らせる。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

4月 13

【今日も、ガーゼ日和】2017.4.13

 
日中、ふと目に入る恋するガーゼケット

見るだけで、癒されます。
さわれば、ほっこりします。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/