4月 07

ガーゼケット寝具のおかげで、電気毛布・湯たんぽは不要に。

 
先日は 就寝時、布団乾燥機を使わなくなった話しをしましたが、
それ以外に、あったか対策としてよく使っていた電気毛布や湯たんぽも使っていません。

 
ガーゼケットは「それだけ、温かい」ということです。

素材は、綿100よりもオーガニックコットン100がやっぱり暖かくて、気持ちよく眠れます。(自社比較)

夏はガーゼケット一枚で
それ以外の季節は手持ちの毛布と併用使い。

一年中使える寝具って、なかなかないと思います。

 
 

4月 06

シンプル食生活は調理法を変えて楽しむ。

 
ブロッコリーの芽のほうが栄養素高いのはわかっているけど、
あの、緑の、もさもさしたブロッコリーはよく食べます。

最近は調理法を変えて、茹でブロッコリーから蒸しブロッコリーへ。
蒸しのほうが味が濃いような気がします。おいしいです。

 
水から調理して沸騰後2分弱で火を止めて、少し余熱だけ。
結果的に時短になっているのも助かります。

同じく栄養素を逃しにくいレンジ調理よりも食感・おいしさの違いは明らかです。

 
 
 

4月 01

バスマット代わりに古バスタオルを使う。

 
バスマットは持たず、古いバスタオルをバスマット代わりにしています。

古くても、足の裏までしっかりと伝わるガーゼのふわふわ感。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

3月 19

あるもの調理で手つかずの食材を消費する。

 
買い物に行かずあるもので夜ご飯。

福井みやげの郷土料理「へしこ」をアンチョビに見立てて
玉ねぎ・ベーコンと炒め、ホワイトソースで仕上げる。

味見したへしこが濃厚だったので、
塩こしょうの味付けは一切なし。

パスタをゆでるときの塩もほんの少し。

 
素材が生きた、シンプルだけどおいしいパスタに仕上がりました。

なかなか手を付けられなかったへしこを消費できたことが一番の解放感かも。

 
 
(3月22日 追記)
 この へしこホワイトソースは余った分は翌日の昼、ドリアにしても食べました。
 もう、ほんとうにおいしくて、忘れられない味になっています。
 福井に行ったときの、また買うたのしみができました。