10月 17

【ガーゼのある暮らし】肌寒くなった今、ガーゼケットの季節です。

 
夏のガーゼケットよりも秋冬春のガーゼケットのほうが断然好きです。

ふわふわのガーゼケットを顔まわりにふんわり掛けて、首から肩もふんわり包む。

眠るときには、ガーゼのぬくもりと肌触りの良さで(ほえ~)となり、
目が覚めたときには、ぬくもりと肌触りの良さに包まれていることにまた(ほえ~)となります。

あたたかいのは、オーガニックコットンだからこそ。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

10月 13

【ガーゼのある暮らし】ハンカチをひざ掛け代わりに。

 
近所の珈琲店内でちょっと寒かったので、
カバンの中から乙女のためのガーゼハンカチを取り出して、ひざ掛け代わりにしました。

極上仕上がりのガーゼなので薄手であるのに
これだけで、十分暖かい。

 
財布とスマホだけ入るような小さなバッグでも、
このハンカチなら一緒に入るところも気に入っています。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

9月 06

【ガーゼのある暮らし】ガーゼケットをシーツ替わりに。

 
朝晩涼しくなってきたので、ガーゼケットをシーツ替わりにして
寝るようになりました。

寝入るときも、目が覚めるときも、ガーゼケットのふわふわが気持ちいい。
きっと、寝ているときも。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

8月 27

「ダイヤ柄」のガーゼタオル、育っています。

 
先日紹介した「ダイヤ柄」刺しゅう入りのタオル。

その後、何度も何度もお洗濯をしていっています。

 
 
 
まだ1回も洗濯をしていない状態はこんな感じでしたが、

 
繰り返し洗濯をすると、こんな感じになります。

ガーゼの色と風合い(もこもこ感)が変わってきているのがわかるでしょうか?

 
 
比べてみますと。。。

左:洗濯していないもの 右:複数回洗濯したもの

右のものは、10回くらいは洗濯しているので、吸水もしっかりできるようになっています。

 
ガーゼの「やわらかさ」は、洗っても、洗わなくても
オーガニックコットンなので、普通のタオルと比べるととてもやわらかいです。

柔軟剤を使わず&直射日光干しを避けていただくことで、
何年経っても「やわらかさ」は続きます。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

8月 10

ソダテルタオル、色の変化が楽しみです。

 
今朝は曇っています。

左が1年以上使っているガーゼ。右が洗濯2回目のダイヤ柄を施したガーゼ。

ダイヤ柄には淡いピンク系のマーブル色を。

ガーゼが生成りから(左のように)ミルク色になった頃には、
このダイヤ柄がもっと映えるかと思います。

洗濯を繰り返していき、また追って紹介させてもらいますね。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

7月 25

今度はガーゼにアレンジ。15

 
正方形バージョンです。
涼やかな色を、と思い、ベビーブルーの縁取り×ブルー系マーブル色の葉っぱ模様。

 
 
 
左は一度も洗濯していないもの。右が何度も何度も洗ったもの。

ガーゼは洗えば洗うほど、ふんわり育ちます。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

6月 28

【ガーゼのある暮らし】梅雨でもさっぱりと乾くガーゼタオル。

 
本格的な梅雨空の日々になってきました。

そんななか、洗濯して朝干して夕方取り込むとき、
ふつうのパイルタオルだと少し湿っているなという時でも、ガーゼタオルなら中までしっかりと乾いています。

くんくん匂っても、いやな臭いがまったくしない。
「臭わない&湿っていない」というのは梅雨どきこそ本当にありがたいです。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

6月 26

晴天より曇天がガーゼケット洗濯日和。

 
オーガニックコットンは直射日光干しを続けてしまうと、
生地が傷んで、ごわごわした感触になってしまいます。

 
オーガニックコットンならではのやわらかさを保つには、断然「陰干し」です。

そうすれば、
柔軟剤を一切使わなくても、何年経ってもやわらかさが続きます。

 
 
 
 
雨は降らないけど、太陽が出てこない曇天には
ガーゼケットの洗濯をしています。

取り込んだばかりのガーゼケットに包まれるのも、また至福の時です。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

6月 22

ガーゼは面積が大きくなればなるほど。

 
アリサラ舎のガーゼは面積が大きくなればなるほど、
オーガニックコットンのガーゼならではの気持ちよさをますます強く実感できます。

なので、長さ(タテ)250cm×幅(ヨコ)150cmの
恋するガーゼケット安眠ガーゼケット重厚仕上がり)が
アリサラ舎のなかでは「最も気持ちのいいガーゼ製品」になります。

 
なかでも、恋するガーゼケットは、
極上仕上がりのガーゼを2枚合わせにしているため「最も繊細なやさしい肌触り」でもあります。

 
 

面積が大きくなれば、作る工程は大変になります。

一枚、一気に仕上げていきますので、
体力や集中力もいつもの何倍ものエネルギーが必要になってきます。

 
作り終えたときの疲労感もすごいものですが、

それでも、自分自身が毎日ガーゼケットを使って、その良さをしみじみと実感しているので
「ガーゼケットを使いたい」と言ってくれる方のために作っていく日々を積み重ねていってます。

 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

5月 29

お届け時のぺたんこガーゼは、洗いを繰り返すとほわほわに育ちます。

 
お届け時のガーゼは、ぺたんこです。平たいです。
洗濯を繰り返していくことで、ガーゼは育ちます。ふわふわになります。

 
 
ここまでほわほわになったら、十分育っています。

この、ほわほわを最大限感じられるのは、やっぱりガーゼケット。
体ごとすっぽり包まれて眠ると、ほんとうに安眠をもたらしてくれます。

 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/