11月 04

オーガニックガーゼのデメリットはたった一つ。

 
オーガニックコットン100%のガーゼの唯一のデメリットは
使い始めの吸水性がよくない、ところです。

最初はあまり吸水しません。

 
タオルにはいろんな使い方があるかと思います。

からだを洗ったりと、タオルを濡れた状態で使うときや
首に巻いたりして、タオルを使うとき、
肌掛けやひざ掛けとして、ブランケットとして使うときは
吸水性の良さ・悪さは気になりませんが、

洗面所で濡れた顔や手をふくとき、
お風呂からあがって濡れたからだをふくときなど、

拭くためにタオルを使うときは、
使っているタオルが吸水がいいかどうか、は
タオルの生命線にかかわるほど重要なことだと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

それなのに吸水性がよくないなんて、と思われるかもしれませんが、
ここで2つお伝えしたいことがあります。

・ 使いはじめの吸水性の悪さはオーガニックコットンならではの理由がある

・ 洗えば洗うほど、吸水性はよくなっていき、
 やがては、しっかり十分、すぐに吸水するようになる

というのが、調べていく中で、また自分が実際に使ってみてわかったことです。

 
使い始めの吸水性がよくないことについて
以下のページにて、詳しく記載しております。

→ オーガニックガーゼの話し vol.2
http://www.arisara-sha.com/catalog-towel.html

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上2枚の写真はともに、左と右のタオルは同じものです。
まだ洗っていないタオルが左で、何度も何度も洗濯をしたタオルが右です。

右側のタオルのように、洗えば洗うほど、
オーガニックガーゼの色は、生成りからやさしいミルク色へと変わっていきます。

色がミルク色になる頃には、すでに吸水性も十分ばっちりです。

 
 
オーガニックガーゼ唯一のデメリットである吸水性のよくない点は、
何度も何度も洗うことで解消されます。

何度も洗濯を繰り返したオーガニックガーゼタオルは
もはや欠点のない、最強のタオルだとわたしは思っています。