About arisarasha

運営者:アリサラ舎

12月 15

一縫一会。3

 
【一縫一会。では ガーゼを通していただいたご縁を紹介させてもらいます】

 
アリサラ舎では今現在(2017.12)4種類のガーゼがあります。
どれが一番いい、というより、
それぞれが、それぞれに、良い風合い・手触りを持っています。

 
何種類かご愛用いただいているある方からは
「種類によって使いごこちが全然違う」ので「目的に合わせて選ぶ楽しさがある」とのこと。

(四重ガーゼのように)厚みがあるからこそほっとする使い心地。
(三重ガーゼのように)厚みがない分、さっと洗って手で絞れる良さ。

 
自分が使って実感していることと、使い手の方の実感が重なることは
わたしのものづくりの原動力になっていると改めてしみじみと感じました。

 
 
 

12月 15

ガーゼケットはクッション代わり。

 
抱きクッションのように、
お腹の前にガーゼケットを置いてデスク作業。

楽な姿勢で、お腹や太もももじんわりあったかくて
安心感があるので冬はよくやります

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 13

アリサラ舎ハンドタオル 1番、発売しました。

 


アリサラ舎のハンドタオル 1番  税込 1,400円

 サイズ: タテ長さ 約35cm × ヨコ幅 約30cm
 素材: オーガニックコットン100%
 仕様: アリサラ舎オリジナル四重ガーゼ
 ガーゼ生地産地: 兵庫播州
 タオルの仕立て: 滋賀草津
 吸水するまでに必要な洗濯回数: 10回くらい
 タオルの特徴:ガーゼですが薄すぎずしっかり拭けます。洗えば洗うほどふわふわに育ちます。

 ご注文についてを読んでいただくと、ご注文の流れやお支払い方法などが確認いただけます



 数量:  

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 11

アリサラ舎フェイスタオル 1番、発売しました。

 
アリサラ舎オリジナル生地、オーガニックコットン100% 四重ガーゼから
フェイスタオルを仕立てました。

縁取りは、すみれ色×サーモンピンクの2トーンカラーです。
葉っぱ模様の刺繍がタテ2本入っています。

模様刺繍は、ピンク系~パープル系のグラデーション色です。
タオルの裏も模様は美しい。

アリサラ舎のフェイスタオル 1番  税込 1,900円

 サイズ: タテ長さ 約85cm × ヨコ幅 約34cm
 素材: オーガニックコットン100%
 仕様: アリサラ舎オリジナル四重ガーゼ
 ガーゼ生地産地: 兵庫播州
 タオルの仕立て: 滋賀草津
 吸水するまでに必要な洗濯回数: 10回くらい
 タオルの特徴:ガーゼですが薄すぎず拭きがいがあります。洗えば洗うほどふわふわに育ちます。
 送料: 定形外郵便 1点=290円 2点=340円 3点~6点=500円

 ご注文についてを読んでいただくと、ご注文の流れやお支払い方法などが確認いただけます



 数量:  

 
 
1点ずつラッピングしてのお届けです

プレゼントにぜひどうぞ

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 11

きょうの朝日。

 
朝、ガーゼケットのやさしい肌触りとぬくもりに包まれて目が覚める。
しっかり寝られたなぁと思いながら起きました。

今週もはじまりました。
いつもと変わらず、ガーゼと向き合って一枚一枚大切に作っていきます。
いつもより、ガーゼのことを伝えていけるようがんばっていきます。

 
 
 

12月 08

寒さが増して、ますます安眠ガーゼが人気です。

 
12月なのに例年にないほどの寒波がやってきて、厳しい寒さです。
そんななか、オーガニックコットンならではの「ぬくもり」「暖かさ」が心まで温めてくれるようです。

 
アリサラ舎でも安眠対策として
 ガーゼマスク恋するガーゼケット安眠ガーゼケット
が人気です。

 
特にガーゼケットは、値が張りますが、
何年も使い続けられますし、使い続けているうちに一部破れができてもお直し対応していること、
また寒い時期は「しっかりした暖かさ」が、そして暑い時期には「涼しさ」があるので
一年中ずっとお使いいただける寝具です。

ガーゼケットは毛布やタオルケットに比べて、ずっとコンパクトで軽いので、
寝るときだけじゃなく、日中はひざ掛けとして使うのもおすすめの使い方です。

 
なので、もはやガーゼケットは寝具を通り越して
「ほぼ一日中&一年中」「寝てるときも、起きてるときも」使える、
いつもあなたに寄り添うガーゼとなります。


バスタオルを「安眠ガーゼタオル」としてプレゼントにするのもこの時期増えてきました。
安眠につながる青系の縁取りのなかでも、瑠璃色(るりいろ)が特に就寝時落ち着く色です。

 
 
この一年お世話になったお礼の気持ちにクリスマスプレゼントを贈るのもいいですね。

「安眠ガーゼタオル」×上記のクリスマスラッピングは、1点を定形外郵便で送る場合、
 名入れあり・・・4,536+200+340=5,076円
 模様刺繍あり・・・4,536+300+340=5,176円
 名入れなし模様刺繍なし・・・4,536+340=4,876円
でお届けできます。

12月15日金曜までにご注文いただくと、遅くとも22日金曜までにポスト投函されるよう
お作りしてお届けいたします

→2017.12.16追記 ありがとうございました。締め切らせてもらいました。

*ご注文は、極上仕上がりのバスタオルをカートに入れていただいて、通信欄にて「ブログのクリスマスで」とお伝えくださいませ

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 07

冬の洗濯、低温度・低湿度時の乾き具合。

 
今日の滋賀南部は外気最高10度くらい。

朝、洗濯して干したガーゼタオルは6~7時間後、すっきり乾いています。
乾ききっていない匂いも全くなし。

取り込んでから、エアコンの風にあてること5~10分。
冷えたタオルが温まってから、畳んで棚へ。

15時台には大小のガーゼタオルがすっきり片づけ終了です。

 
ちなみに綿100のTシャツはこの時点でまだ乾ききってない匂いがしています。
枚数があるタオル類がすっきりと乾いてくれることが本当に助かります。

12月 06

播州織を残していく一助でありたい。

 
アリサラ舎のガーゼ生地を織ってくれている兵庫県にある機屋(はたや)さんに行ってから
今日で2週間が経ちました。

 
 
兵庫の西脇市を中心とした北播磨地域で織られる織物を「播州織」というのですが、
アリサラ舎のガーゼも播州織です。

生地に仕上がるまでの生産工程は素材がオーガニックコットン100%なので
通常の工程とは違っています。

 
たとえば染色や風合い加工、機能性加工の処理などがありません。
それらは化学薬品を使うからです。

アリサラ舎のガーゼ生地は、糸がオーガニックコットン100%というだけでなく
生地にするまでの各工程でも使うものが厳選されています。

 
そのような工程で作られた播州織のオーガニックコットンガーゼがアリサラ舎製品なのです。
 
 
 
ただ、先日伺って直接耳にしたのですが、
ここ数年でも、ますます、播州織の機屋さんが廃業されているとのこと。

実りのある話しでないだけに、日にちが経っても胸がつまる思いでほんとうに心苦しいです。

 
 
 
 
そんななか、わたしにできることはアリサラ舎として
ガーゼ製品を作って、使いたいと思ってくれる方に届けていくこと。

自分にできることを、毎日ひたすら地道に、これからも熱い思いで続けていくだけです。


ガーゼをさわると、オーガニックコットンのやさしい肌触りとともに
機屋さんたちのことを思いだして、じんわりとあたたかい気持ちになります。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/

12月 05

冬の羽毛布団を手放したその後。

 
経年による買い替えのために先に手放した冬の羽毛布団。
実験的に布団なしの生活を送ってみたのが昨年です。

それまで、
 安眠ガーゼケット+化繊の毛布+化繊の毛布+羽毛布団
だったのが、
 安眠ガーゼケット恋するガーゼケット+化繊の毛布+化繊の毛布
にしてみました。

 
<追記>
 ・布団のとき、安眠ガーゼケットは全身掛けするよりも顔まわりのふんわり掛けとして
  使うことが多かったです

 ・布団なしになると、ガーゼケットは二枚とも全身掛けして使っています
  一枚は250cmサイズのものなので、全身掛けしつつ顔まわりのふんわり掛けも兼ねています

 ・化繊の毛布は時期によって一枚使いのことも。
  化繊の毛布がいいから使っているというより、親からの贈りものなので使い続けている感じです

 ・アリサラ舎製品ご使用の方は、真冬でも「ガーゼケット+羽毛布団」が多いです

 
 
布団なしの生活は初めてでしたので、
寒さに耐えられなかったら布団を買おうと思っていましたが、いつの間にか春を迎えました。

布団なしで冬を越せたのです。 就寝時、部屋のエアコンなどの暖房もなしです。

 
 
布団の管理がなくなると、普段の暮らしがぐっと身軽になります。
羽毛布団の買い替えは見送ったまま、今年も本格的な冬を迎えたところです。

 
 
 
 
 
ここだけにあるガーゼ。ガーゼケット&ガーゼタオルのアリサラ舎
http://www.arisara-sha.com/