オーガニックコットン ガーゼケット/ガーゼタオル/名入れ アリサラ舎

アリサラ舎のオーガニックコットンガーゼは、オリジナル仕様の国産ガーゼ

―――――――――――――――――――――――

 アリサラ舎

ガーゼ好きな方、肌触りのいいやわらかさが好きな方に
アリサラ舎のガーゼがお役に立てられるかと思います。
ここだけにしかないオーガニックコットンガーゼが、
アリサラ舎にはあります。

 オーガニックコットンタオル

アリサラ舎製品一覧名入れご注文についてお届けの目安問合せするカートの中
<<



オーガニックガーゼの話し vol.1


やわらかな肌ざわり、を求めていたら
オーガニックコットンのガーゼに出会いました。



ある日、一枚のガーゼハンカチを手にしたとき
なんて気持ちいいのだろう、
と思いました。
思い返せば、小さい頃は出番の多かったガーゼのもの。
ですが、大人になると、
いつの間にかガーゼから遠ざかっていました。



肌触りがよく、機能性の高いガーゼ。

赤ちゃんや子どもだけでなく、
日々懸命に仕事をしたり、家事をしたりして
疲れている大人にこそ、
毎日ふれることがあったらいいのに。

そんな想いで、
ガーゼタオルの製造販売をはじめました。



ガーゼといっても、
素材(コットン,リネンなど)や重ね(一重,二重,三重など)、
織りの粗さ・こまかさ、糸の太い・細い・・・
いろいろなタイプがあります。


その中で、アリサラ舎は機能性を確保しつつ
「肌触りの良い」ガーゼを一番に
追求してきました。



ガーゼについて、あれこれ調べたことや気づいたことなど
こちらでお伝えできれば、と思います。





ガーゼとは?

たて糸、よこ糸ともに
甘撚り(あまより)の糸で、粗く織られた布です。

糸というのは繊維を束ねてねじって糸になるのですが、
ガーゼで使われている甘撚りの糸というのは、
ねじり具合が少なくなります。



粗く織られたほうが、
糸と糸の隙間に空気を含みやすくなるので
あたたかく感じます。
(反対に、ねじりの多い糸ほど張りが出て、
こまかく織られたほうが冷たさを感じるのです)



暑い夏でもあたたかさを感じると不快なのでは?
と思われるかもしれませんが、
そうではありません。



粗く織られた布は
「乾きやすい」という、速乾性のある特徴を持っています。

汗をよくかく夏のあいだは、ガーゼが汗を吸い取って
早く乾いてくれるので、涼しく感じます。



夏は涼しく、冬はあたたかく使える、
というのがガーゼの機能面での最大の特徴です。




また、ねじりの少ない糸ほど「やわらかさ」が出てきます。
また密に織られた布より、
粗く織られた布のほうが「やわらかさ」が出ます。

ねじりの少ない糸で粗く織られたガーゼは
「やわらかさ」が強く感じられます。


肌触りがよく、機能性の高いガーゼ、と言えるのは
こうした理由からなのです。







オーガニックガーゼと、オーガニックでないガーゼとの違い

ふつうのコットンのガーゼ、多重ガーゼ、スラブガーゼ、
リネンガーゼ、綿麻ガーゼ、やわらか加工を施したガーゼ。。。
肌触りの良い、やわらかなガーゼを求めて、
いろいろな種類のガーゼを探求していくうちに
オーガニックコットンに出会いました。

ガーゼの中でも、
オーガニックコットンのガーゼが最高の肌触りを感じられると
さまざまなガーゼに触れていった中で、
強く、そう確信しました。

オーガニックコットンのガーゼと
ふつうのコットンのガーゼ(たとえやわらか加工をしていたとしても)とでは
手に、指に、触れる感覚が、
全く違うのです。

肌触りというのは触覚であるので、機械で計測したりできず、
ホームページ上でお伝えするのは難しいですが、
見た目の違いなどを少しお伝えできれば、と思い、
オーガニックコットン三重ガーゼと
(オーガニックではないふつうの)コットン三重ガーゼ生地とを
以下に写真とともに、
簡単に紹介させてもらいます。



※ こちらでは手持ちのコットン三重ガーゼで比較していますが、
ほかにもいろいろな特徴のものがありますので、
コットン三重ガーゼ生地全般にわたって
お伝えしているわけではありません。
一例としてご紹介させてもらいます。

※ オーガニックコットン三重ガーゼ生地は、アリサラ舎で使用しているものになります。



上の写真、
左が(オーガニックではないふつうの)コットンの三重ガーゼ、
右がオーガニックコットンの三重ガーゼ生地です。
(どちらも15センチ正方にカットしています)
ぱっ、と見ただけでは同じような感じに見えるかもしれませんが
よ〜く、見ていただくと、
質感といいますか、少し雰囲気が違うのを
お気づきになるかもしれません。



それでは、もうちょっと拡大してみると。。。

 

上の写真、
左が(オーガニックではないふつうの)コットンの三重ガーゼ、
右がオーガニックコットンの三重ガーゼです。

ふつうのコットンのほうが
たて糸とよこ糸が密に織られていて
オーガニックコットンのほうが
粗く織られているのが
目で確認できるかと思います。


実物ではオーガニックコットンのほうが、ゆるく織られていることもわかります。




さらに、織られている糸も拡大してみてみましょう。



上の写真、
左が(オーガニックではないふつうの)コットンの三重ガーゼの糸、
右がオーガニックコットンの三重ガーゼの糸です。

心持ち、オーガニックコットンのほうが
糸が太いかな、という印象ですが
双方の糸には顕著な差が見えません。



しかし。。。



指でそれぞれの糸をさわると、
オーガニックコットンの糸のほうが
明らかに肌触りが良いのが実感できます。
やわらかくてソフトで、とてもやさしい感触。



1本の糸で、こんなにもはっきりと違いがあるのだから、
何千本、何万本もの糸が集まった生地は
たとえ15センチ正方の小さなものでも、
触り心地に違いが出るんだなと、
今回、改めて実感しました。






そして、ついでに、重さも測ってみました。

 

上の写真、
左が(オーガニックではないふつうの)コットンの三重ガーゼ、
15センチ正方で4.2グラム。
右がオーガニックコットンの三重ガーゼ、
15センチ正方で2.7グラム。
オーガニックコットンのほうが約35%軽いです。

ブランケットやガーゼケットなど、
生地の使用容量が大きくなってくると重さも
とても変わってくるので、
軽いほうが使いやすい、ということも言えそうです。



以上、今回調べたことをまとめてみました。

コットン三重ガーゼ オーガニックコットン三重ガーゼ゙
生地の織られ方 密に織られている 粗く織られている
糸の違い ほんの少し細い、肌触りは普通 ほんの少し太い、肌触りが良い
重さ 15センチ正方あたり4.2グラム 15センチ正方あたり2.7グラム

※コットン三重ガーゼは、手持ちの生地で、
オーガニックコットン三重ガーゼ生地はアリサラ舎で使用している生地で検証。



オーガニックコットン三重ガーゼは、
コットン三重ガーゼに比べて
さらに粗く織られているので、そこに空気がたまりやすくなります。

空気がたまる、
というのは家でいうと断熱材のような役割で、
冬はたまった空気で、
ガーゼにくるまれている内側はあたたかく感じ
夏はガーゼが汗を吸い取って、
速乾してくれるので
暑い空気がこもらず、涼しく感じられる、というわけです。

ガーゼの中でもさらに高機能で、
1本の糸から違いのある、
極上の肌触りを感じられるのが
オーガニックコットンのガーゼだと言えるのではないでしょうか。





ここまで、お読みいただいて、またお時間いただきまして
本当にどうもありがとうございました。
ガーゼはたくさんの種類があるので、
わたしの知らないこともまだまだたくさんあります。

これからも、日々勉強を重ね、またこのようにお伝えできたらと思っています。
今後、新たな発見や情報を通して、加筆修正していきます。
そのときは、しっかりと、ここでお伝えしていきますので、
よろしければ、今後もおつき合いくださいませ。


2011年10月21日 高阪知美


(参考文献)
原田隆司 (1996) 『着ごこちと科学』 裳華房 158
信州大学繊維学部 (2008) 『はじめて学ぶ繊維』 工業調査会





アリサラ舎のオーガニックコットンガーゼについて

アリサラ舎のオーガニックコットンガーゼは
兵庫県で織ってもらっています。

農薬や化学肥料が残留していない畑で有機農法で栽培されること。
使用されるコットンがオーガニックコットンであることを確認すること。
製造工程においても環境にやさしい方法を選ぶこと。

上記の条件を満たしたオーガニックコットン100%の生地です。



原料となる糸がオーガニックコットンというだけでは、
オーガニックコットンとは呼べません。
糸を紡いで生地にするとき、
その一つひとつの作業工程においても、
化学薬品を使わずして仕上げたものを、
はじめてオーガニックコットンと呼べるのです。


以前、アリサラ舎の生地を織ってもらっている
兵庫県の機屋(はたや)さんに行ったのですが、
オーガニックコットンの糸から布地にする製造工程においても、
徹底して、化学薬品を使わず
(たとえば、布地にするときに使う「のり」は化学製品ののりではなく
とうもろこしから作られるコーンスターチを使っていました)
生地に仕上げていることが、
とてもよくわかりました。





自然が生んだ生成りの色は
何度もお洗濯を繰り返すことによって、ミルク色へと変わっていきます。

染色してミルク色に染めたお色とはまたちがう、
とてもやさしいミルク色です。


とくにオーガニックコットンのガーゼは、柔軟剤を使わなくとも
洗うごとに、よりふんわりと肌触りがよくなっていきます。

使い心地も、肌触りもとても良く
機能性と肌触りの良さ、両方を兼ね備えた
パーフェクトと呼べる生地だと、個人的にはそう思っています。




2012年2月23日 追記

こちらをクリックしていただくと
オーガニックガーゼを使った製品が写真と文章でご覧いただけます。

また、こちらをクリックしていただくと
オーガニックコットンの吸水性について書いております。
(2012年4月8日) お洗濯のことも追加しました。


お時間ございましたら、合わせてお読みくださいませ。




2012年12月4日 追記

ガーゼについて調べたことを書いております。
ガーゼと向き合って 3
ガーゼと向き合って 4


(下記のサイトに移設しました)

ガーゼと向き合って

こちらは、今まで述べてきました内容よりも
さらに詳しくご紹介しておりますので
お時間の許す限り、どうぞおつき合いくださいませ。





2013年3月27日 追記

このテーマの続編がでました
オーガニックガーゼの話し vol.2



ネット通販
アリサラ舎製品一覧
  アリサラ舎のサイト内は、すべて、写真は自ら撮影し、
文章、デザインは自分で考えて書いておりますので、無断転載、
要約による引用はお断りいたします。
すべての著作権はアリサラ舎に帰属します。





最終更新日:2017年02月11日


ここだけにあるガーゼ。 オーガニックコットン ガーゼケット&ガーゼタオル アリサラ舎
Copyright 2006-2017 arisara-sha All Rights Reserved Since 2006/06/02